(歌詞 和訳) Yesterday (イエスタデイ) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles

Yesterday イエスタデイ 歌詞と和訳 意味と解説 ビートルズ The Beatles

 SNSでシェアする  

この記事では、

The Beatles(ビートルズ )の名曲Yesterday (イエスタデイ)  の歌詞の和訳を、

単語の意味と英文法の解説も交えながらご紹介したいと思います。

貴重なポールによる弾き語りライブ映像です。これは、Yesterdayを公に発表した時の映像です。

若い女性の黄色い声が、すごいですね。このYesterdayを歌い出すと会場が静まり返る感じもいいですよね。

曲名:Yesterday (イエスタデイ)
アーティスト名:The Beatles(ビートルズ)
発売日:1965年8月6日
収録アルバム:Help! (ヘルプ!4人はアイドル)

Yesterday (イエスタデイ)の歌詞と和訳・直訳 ビートルズ The Beatles

Yesterday all my troubles seemed so far away.
昨日は、すべての問題が遠くのもののように感じたのに

seem(〜のように思える) 

Now it looks as though they’re here to stay.
今は、すべてここにあるように思える

it looks as though(if)〜 (まるで〜のように見える)
they’re (ここの ‘they’ は、前述の ’all my troubles’

Oh, I believe in yesterday.
ぼくは、昨日を信じてる

Suddenly, I’m not half the man I used to be.
突然、ぼくはかつてのような半分の男にもなれなくなった

訳すのが難しいのですが、
I’m not  (as) half the man (as) I used to be. と、比較の (as) が省略されていると考えられます。
(失恋で落ち込んでいるので、かつての半分の男にも今はなっていない)という意味で理解できます。

There’s a shadow hanging over me.
影が、ぼくにつきまとう

hanging over me.(ぼくにかかる・引っかかる)

Oh, yesterday came suddenly.
昨日は、突然きたんだ

Why she had to go?
なんで、彼女は行かなければならなかったのか

I don’t know, she wouldn’t say.
(彼女は)何も言わなかったから、ぼくにはわからない

I said something wrong.
なにか、間違ったことを言ったかな

Now I long for yesterday.
いまは、昨日が恋しい

long for〜(〜を望む、切望する) 

Yesterday love was such an easy game to play.
昨日まで、恋愛はとても簡単なゲームだった

Now I need a place to hide away.
いまは、隠れる場所がほしい

Oh, I believe in yesterday.
ぼくは、昨日を信じてる

Why she had to go?
なんで、彼女は行かなければならなかったのか

I don’t know, she wouldn’t say.
(彼女は)何も言わなかったから、ぼくにはわからない

I said something wrong.
なにか、間違ったことを言ったかな

Now I long for yesterday.
いまは、昨日が恋しい

Yesterday love was such an easy game to play.
昨日まで、恋愛はとても簡単なゲームだった

Now I need a place to hide away.
いまは、隠れる場所がほしい

Oh, I believe in yesterday.
ぼくは、昨日を信じてる

Mm mm mm mm mm mm mm.

Yesterday (イエスタデイ)歌詞の意味と解説 ビートルズ The Beatles

Yesterday (イエスタデイ)は、ビートルズの5枚目のアルバムHelp! (ヘルプ!4人はアイドル)に収録されています。

クレジットはレノン=マッカートニーですが、ポール・マッカートニーが作詞作曲した曲です。

ポールがギターで弾き語るのが印象的でしょう。ビートルズにとっての初のアコースティック(生音だけ、電子音がない)演奏でのバラード曲でした。

ロックバンドがキレイなバラードを歌い上げたことは、世界にとっての衝撃でした。

この頃から、ビートルズはただの人気ロックバンドからアーティスト集団へと変わっていったのです。

Yesterdayは、世界中で知られるですが名曲ですが、そのヒット伝説も数限りがないです。

  • 「世界で最も多くカヴァーされた曲」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。
  • 「20世紀にアメリカのテレビやラジオで最もオンエアされた100曲」のランキングでは、700万回以上のオンエアで3位にランクイン
  • 音楽史上最も稼いだ10曲で、イエスタデイは第4位
  • 2000年にローリングストーンとMTV共同のグレイテスト・ポップソング100において第1位
  • 1999年の英国BBCラジオ2の世論調査において20世紀最高のベストソングにランク

などなど、世界中でも愛されてきました。

「世界で最も多くカヴァーされた曲」ということですが、

Ray Charles  Yesterday

Marvin Gaye  Yesterday

Frank Sinatra Yesterday

また、YouTube には、プロだけではなく素人のカバーもたくさんあります。

彼女は、金髪青目の白人美女で、胸もボインで歌もうまいです。Youtubeで、数字をたくさん持っています。

Yesterday (イエスタデイ)の背景と解説

Yesterdayは名曲中の名曲だけあって、逸話がたくさんある曲でもあります。

その中でも興味深い話をピックアップして紹介したいと思います。

Yesterdayは寝ている間にできた名曲?

有名な話ですが、Yesterdayはポールが寝ている間に思いついた曲だと言われています。

起きて夢の中で聞こえたメロディーを思い出して、急いでスタジオで録音したそうです。

「さすがに、こんなにはっきりとメロディを思い出せるのだから、誰かの曲だろう」と、ポールも思っていましたが、誰も聞いたことがなかったのでした。

まさか、夢の中で聞いた曲がこんなに大ヒット曲になるとは、さすがのポール自身も想定してなかったようですね。

Yesterdayは失恋ソングではなく亡き母への歌?

昨日まではなんともなかったのに・・・。なんともなかったと思えたはずなのに・・・。  

Yesterdayは、女性の気持ちの変化に気が付きにくい男性の心情を描写した、とても普遍的な失恋ソングに思えますね。

しかし、あるインタビューでポール自身は「Yesterdayは、亡き母に向けた歌詞だ」と発言したこともあります。

ポールの母であるメアリーは「子供達が大きくなるのを見たかったわ」と言い残し、ポールが14歳のときに亡くなっています。

ほろ苦い失恋歌として世界中に享受されたYesterdayですが、亡くなったお母さんへの歌だと思って聴くと、曲のニュアンスもずいぶんと変わってきます。

実は、もう一つのポールの代表曲 Let it be も、亡くなったお母さんメアリーに関する歌なのです。

(歌詞 和訳) Let it be (レットイットビー) 本当の意味と解釈・英文法の解説 

そう考えると、ビートルズの(特にポールの)名曲は、亡くなったお母さんへ向けた息子の歌が普遍性を帯びて名曲になったものだとも考えることができます。

Yesterdayの歌詞を、「ポールが亡くなったお母さんへ書いたもの」と感じながらもう一度聴いてみてください。また、違った味わいを感じられるはずです。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上の曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です