(歌詞 和訳) Twist and shout (ツイストアンドシャウト) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles

(歌詞 和訳) Twist and shout (ツイストアンドシャウト) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles

 SNSでシェアする  

この記事では、

The Beatles(ビートルズ )の名曲Twist and shout の歌詞の和訳を、

単語の意味と英文法の解説も交えながらご紹介したいと思います。

貴重なライブ映像です。まだデビューしたての頃で、ビートルズがアイドルとしての印象が強い頃ですね。

若い女性の黄色い声が、会場に鳴り響いています。

曲名:Twist and shout
アーティスト名:The Beatles(ビートルズ)
発売日:1963年3月22日
収録アルバム:『プリーズ・プリーズ・ミー』(Please Please Me)

Twist and shout (ツイストアンドシャウト)の歌詞と和訳・直訳  ビートルズ The Beatles

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Twist and shout (Twist and shout)
腰を振って叫ぼう(ツイストしてシャウトしよう)

C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
ほら、こっちにきてよベイビー

Come on and work it on out (Work it on out)
こっちにきて、一緒に踊ろう

Well, work it on out, honey (Work it on out)
踊り明かそうよ、ハニー

You know you look so good (Look so good)
きみって、素敵な体してるね

You know you got me goin’ now (Got me goin’)
きみのおかげで、いますごく気分がいいよ

Just like I knew you would (Like I knew you would)
まるで、君を知っていたかのように

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Twist and shout (Twist and shout)
腰を振って叫ぼう(ツイストしてシャウトしよう)

C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
ほら、こっちにきてよベイビー

Come on and work it on out (Work it on out)
こっちにきて、一緒に踊ろう

Well, you twist, you little girl (Twist, little girl)
ねえ、そこで踊っている小さなお嬢さん

You know you twist so fine (Twist so fine)
きみのダンスは最高だね

Come on and twist a little closer now (Twist a little closer)
もっとそばに来て、踊ってみせてよ

And let me know that you’re mine (Let me know you’re mine)
そして、きみはぼくのものだって教えて

Well, shake it up, baby, now (Shake it up, baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Twist and shout (Twist and shout)
腰を振って叫ぼう(ツイストしてシャウトしよう)

C’mon c’mon, c’mon, c’mon, baby, now (Come on baby)
ほら、こっちにきてよベイビー

Come on and work it on out (Work it on out)
こっちにきて、一緒に踊ろう

Well, you twist, you little girl (Twist, little girl)
ねえ、そこで踊っている小さなお嬢さん

You know you twist so fine (Twist so fine)
きみのダンスは最高だね

Come on and twist a little closer now (Twist a little closer)
もっとそばに来て、踊ってみせてよ

And let me know that you’re mine (Let me know you’re mine)
そして、きみはぼくのものだって教えて

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Well, shake it, shake it, shake it, baby, now (Shake it up baby)
ねぇ、いま踊ろうよベイビー

Twist and shout (ツイストアンドシャウト) 歌詞の意味と解説

Twist and shoutは、ビートルズの初めての公式アルバム『Please Please Me』の最後に収録されたカバー曲です。

もともと1960年代初期に流行ったR&B(リズム&ブルース)の曲で、ビートルズだけでなく様々なアーティストにもカバーされていました。

ビートルズがカバーする前から、Isley Brothersという黒人グループがカバーしてヒットしていました。

リードボーカルを担当しているジョン・レノンのシャウトがぴったりと曲にハマっているので、ジョンが作った曲だと思われがちです。

ジョン・レノンはシャウトがとっても得意な歌い手なので、Twist and shout はビートルズ初期におけるロックンロール曲の代表曲となりました。

レコーディング当日のジョンは、一日中歌い続けたことと、風邪をひいていたというで声がガラガラだったそうです。

そこで、牛乳を飲んだり、のど飴を舐めながら

「僕の喉は何かを飲み込む度に、まるで紙やすりのようだった」

と、語っています。

そのおかげか、いいシャウトな曲が生まれました。ビートルズにとっての、代表的なR&Rナンバーです。

Twist and shout」の意味ですが、Twist (腰をくねらせる)Shout(叫ぶ)です。

「クラブで、腰を振りながら叫ぼう!そこのかわいい女の子、ぼくと一緒に踊ってよ!」という、ナンパな曲なのでした。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上の曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ

 




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です