チャップリン スマイル(Smile)の歌詞・和訳  

チャップリンの肖像

 SNSでシェアする  

スマイル(Smile)の歌詞 チャップリン

Smile though your heart is aching
Smile even though it’s breaking
When there are clouds in the sky, you’ll get by
If you smile through your fear and sorrow
Smile and maybe tomorrow
You’ll see the sun come shining through for you

Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear may be ever so near
That’s the time you must keep on trying
Smile, what’s the use of crying?
You’ll find that life is still worthwhile
If you just smile
That’s the time you must keep on trying
Smile, what’s the use of crying?
You’ll find that life is still worthwhile
If you just smile

出典: genius.com

 

スマイル(Smile)の和訳 チャップリン

笑って、心が痛くても

笑って、壊れそうになっても

空に雲が広がる限り、大丈夫だから

もし、恐怖や悲しみの中から笑うことができたら

明日はきっと

太陽が、あなたのために輝いてくれるでしょう

喜びで、あなたの顔を輝かせて

悲しみの軌跡を、すべて隠して

涙が出そうでも

そのときが、頑張らないといけないときだよ

笑って、泣いている意味はあるかい?

人生は、価値があるものだと理解できるよ

もし、あなたが笑えば

出典: オイモ・キョキョ 

 

スマイル/Smile チャップリン作曲

日本でも有名な名曲「スマイル/Smile 」

マイケルジャクソンが歌ったり、ナットキングコールが歌ったり。

いろいろな歌手に愛されてきたスマイル/Smile ですが、作曲者はあの喜劇役者チャップリンでした。

そして、原曲は映画『モダンタイムス』の中で使われています。歌詞はありません。

この弦楽器が泣いているような感じがたまらないですね。また、テーマ曲が流れるタイミングが完璧なんです。

スマイル/Smileが好きだという方は、ぜひ『モダンタイムス』もご覧になってみてください。wiki:スマイル

モダン・タイムスは、歳を取ってから見ると、昔見たような感覚と違ったように見える映画です。

この映画ほど「システム」と「関係性」についてわかりやすく描かれている作品はないでしょう。大名作です。

スマイル/Smile ナットキングコール(Nat King Cole)

このイントロは、『モダンタイムス』の原曲をモチーフにしていますね。

そもそも、インスト曲であるスマイル/Smileに歌詞がつけられたのは、ナッキンコールが歌うためです。

それにしても、ナットキングコールの歌は、優しくて、艶があって、素敵。大好きです。

こちらのベスト盤では、スマイルも収録されています。ときどき、ふと聞きたくなるんですよね。

スマイル/Smile マイケルジャクソン(Micheal Jackson)

マイケルジャクソンのスマイル/Smileは、マイナー調ですね。

「悲しみの中でも笑って」というニュアンスを強調させたかったのでしょう。

マイケルの声は、本当に透き通ってる少年のよう。うっとりしますね。

4:00〜はじまるブギーな感じ、超かっこいい・・・アメリカって、感じ。これは、最高のアレンジだな。

こちらのアルバムの最後の曲として、収録されています。まさに、マイケルの名曲が集まった大名盤です。

白人のように、踊り、歌い、振舞った黒人アーティスト。

そんなアメリカ的な人種的葛藤が、世界のポップスターを作り上げた。皮肉というか、時代を感じますね。

あらゆるバージョンのSMILEもAmazon Music Unlimited で聴くことができます。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上のの曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ




▼この記事をSNSでシェアする▼