歯列矯正を早く治療するには 自分の指で自力で計画的に治す 歯は押して動く

歯の矯正を安く早く自力で治す

 SNSでシェアする  

歯列矯正は、時間がかかります。人によっては、3年以上かかることもあります。

でも、歯列矯正は不便です。見た目も悪いです。そこで、早く終わらせるにはどうすればいいか考えてみましょう。

また、わたしが実践中の指で動かすセルフ歯科矯正もご紹介します。

やり方次第では、危険な行為なので参考までにお読みください。また、担当の歯医者さんのご理解が必要となります。

歯列矯正を早く終わらせる 強めに矯正 頻度よく通う 舌や指で押す

歯の矯正を早く終わらせたい場合はどうすればいいでしょうか。

強めに矯正してもらう

歯の矯正を早く終わらせたいなら、強めの力をかけることです。担当の歯医者に頼んで、強めに調整してもらいましょう。

デメリットとして、歯に負担がかかりすぎるのと、普通の矯正よりも痛いことがあります。

いつもの矯正でさえ「痛い」と感じるのであれば、辞めときましょう。また、歯を大事にしたいのであればオススメしません。

動かしたい歯の症状を考慮して、強めに矯正できるかを先生に判断してもらってください。

調整に頻度よく通う

歯の矯正における調整は、だいたい毎月1回です。しかし、月に2、3回行くことも可能です。

矯正の威力が強いのは、矯正直後です。1ヶ月も待たなくても、矯正の力は徐々に弱まっていきます。

歯が痛いときは、歯が動いている証拠です、しかし、痛みが治まっているのであれば、次の調整に入れるはずです。

どうしても早く治したいひとは、月に2、3回行ってもいいか歯医者さんと相談してみましょう。

ただ、まだ動いているのに調整しても意味がありません。歯が動かなくなったタイミングで、調整にいきましょう。

舌や指で押して矯正を早める

舌や指で押すと矯正が早まります。早く治るので、歯医者さんによっては推奨しているひともいます。

この場合、「無理やりに歯を動かす」と考えずに、矯正器具のサポートをすると考えてください。

自力矯正を実践する前に、歯列矯正の仕組みを理解しましょう。

矯正器具の仕組みと方法を理解しよう

歯列矯正の仕組みはとても単純で、矯正器具(外力)によって、歯の位置を整えることです。

症状によっては、歯を抜くこともありますし、歯を削らなければいけないこともあります。

歯の矯正器具 歯列矯正の仕組み

歯の矯正器具

こちらの画像で、銀色のワイヤーが見えると思いますが、これが今わたしが使っている歯の矯正器具です。

わたしは噛み合わせが悪いので、下の歯が全体的に内側へと倒れてしまっています。

こちらの器具は内側へと倒れてしまった歯を、元通りに立ち上がらせる矯正器具です。

矯正器具は押して引っ張るだけ

歯列矯正とは、極論を言えば、歯を外力(矯正器具)で押したり引っ張ったりしているだけなのです。

どんなに矯正器具が優れていようが、最新の技術が云々だろうが、結局は押したり引っ張ったりしてるだけなのです。

それ以来、少しでも安く早く矯正ができないか、自力で歯を動かすようになりました。

例えば、先ほどのこの画像を見てください。矯正器具で、内側に倒れている歯を外側へと押し出しています。

歯の矯正器具 歯列矯正の仕組み

この場合、自分の指で歯を外向きに引っ張ってあげると、矯正は早くなりますよね。

あくまでも、矯正器具の力が働いている方向へ、手助けをしてあげる程度に考えてください。

歯の矯正器具を指で押す

こうやって、指でサポートしてあげます。舌で押しても効果はあります。じわじわと歯は動いていきます。

歯の矯正とは、大きな力を加えて一瞬で終わるものではありません。じわじわと弱い力で、歯を動かしていくのです。

歯列矯正を自力でする 指で押して歯を動かす

では、わたしが実践している「セルフ矯正」の一例をご紹介します。

わたしの場合は、下の歯で一本曲がった歯がありました。噛み合わせが悪いせいで、倒れてしまった歯です。

曲がった歯を自力で矯正

オレンジ枠で囲った、この歯です。この歯をまっすぐするだけに10万円ほどのブラケットが必要になります。

ブラケットというのは、「あっ、矯正してる」と、すぐわかる歯の前面に並んだ矯正器具のことです。

ブラケットで歯列矯正

ブラケット

画像にあるブラケットを下の歯にもつけるか、考えていました。しかし、一本の歯のために10万円・・・。高いですよね。

節約のため、わたしは自力で一本の歯を治すことにしました。

セルフ矯正はできる部分だけを行う

はじめに断っておくと、すべての歯を自力で矯正することは不可能です。

わたしは信頼できる先生がいる歯科矯正にきちんと通っています。

先生と話していて「ここは自分でできるかも」と思える部分だけを自力で治しましょう。

曲がった歯を自力で矯正

先ほどもご紹介しましたが、わたしが自分で治したかったのは下の前歯です。

噛み合わせが悪いことによって、内側へとねじ込んでしまった歯を自力で立て直します。

この歯を、ネジを巻くようにまっすぐにしていきます。指でゴリ押しです。

指で歯を動かす 自力矯正

これが、なかなか力が入ります。また、唾液で濡れているとうまく引っかかりません。

薄いタオルや、硬めのティッシュがあると、歯に引っかかりやすいです。いい道具があると、作業は早くなります。

自力で指で歯科矯正

わかりにくいかもしれませんが、指に分厚いタコができるまで歯をねじりました。

途中、歯がグラグラして焦りましたが、今は順調です。本日は、ここまできました。

歯を指で自分で矯正する

わかりにくいかもしれませんが、大きな進歩を感じています。やりすぎは歯を痛めるので、気をつけてください。

また、セルフ矯正を実行する前は計画してください。どのように歯を動かしたいのか、イメージを浮かべてから実行しましょう。

自力で歯科矯正の注意点

自力で歯科矯正には、いくつかの注意点があります。

もともと危険な行為です。注意しないと取り返しがつかないことになるので、気をつけてください。

  • できないところは無理に動かさない 
  • 歯科医のビジョンを共有する 
  • 動かすときは計画的に行う
  • 指で押したり引っ張る ペンチはダメ
  • すべて自力で矯正はできない

です。

できないところは無理に動かさない

まず、できないところは無理に動かさないことが大事です。

例えば、「犬歯」はとても硬い歯です。いくら押しても、ほとんど動きません。

先ほどわたしが紹介したのは、下の前歯です。比較的動きやすい歯だからこそ、実践できました。

時間のかかることなので、努力が無駄にならないように歯を選んで取り組みましょう。

歯科医のビジョンを共有する 計画的に

歯科医の先生が、どういう計画を持って矯正しようとしているのか、そのビジョンを共有しましょう。

「自分で歯科矯正」で大事なことは、計画を早めることです。目的は「時間短縮」だということを忘れないでください。

歯を動かすにも計画性が必要になります。「この歯を先に動かさないと、この歯は動かない」ことは、よくあることです。

しっかりと計画的に、腰を据えて取り組んでください。

自力歯科矯正は、指で押すこと

自分で歯の矯正をしたい場合は、「指」で押すことを心がけてください。

わたしは、早く終わらせたかったので「ペンチ」を使ったことがありました。

歯の自力矯正 注意点

このように、前歯に穴が空いてしまいました。上の前歯を前に出して、受け口を治そうとした結果です。

自分で歯の矯正をして前歯が欠けた

よりによって、一番目立つところに穴が空きました。さすがに、このときはショックで言葉を失いました・・・。

ペンチなど、危ない道具は使わないでください。指の腹で、歯が大丈夫かどうかを確認しながら押していきましょう。

自分だけの力で自力矯正はできない

最後に、ひとりの力ですべて自力で矯正することなんて不可能です。

たとえ指で歯を動かせたとしても、歯はすぐに戻ってしまいます。特に、成人矯正ほど歯は戻りやすいです。

また、歯列矯正は動かしてみないとわからないことが多いです。動きにくい歯もあれば、噛み合わせ・歯並びなど複合的に問題が絡み合っています。

あくまでも、歯科矯正に通いながら、担当の歯医者さんとビジョンを共有してください。

歯列矯正をより早く終わらせるためのサポートと考えましょう。




▼この記事をSNSでシェアする▼