寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 ワンルーム 節電 節約 暖房器具 冬の寒さ対策 隙間風

寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 ワンルーム 節電 節約 暖房器具 冬の寒さ対策 隙間風

 SNSでシェアする  

冬が冷え込むと、部屋が寒くて嫌になりますね。顔が冷たくて眠るのも嫌だし、手足が冷えて作業もできない。

朝から晩まで暖房をつけると、乾燥するし、喉に悪いし、電気代も高いです。かといって、部屋の中でダウンを着る生活なんてしたくない。

そんな「寒い部屋」に対する効果的な防寒グッズをご紹介します。工夫次第で、部屋から冷気を追い出し、暖房代も節約できます。

特に、木造住宅は冬になると信じられないくらい寒くなります。寒さで体調を崩す前に、早急な対策を取りましょう。

この記事では、木造のボロ小屋に住む私が実践した、部屋の防寒対策をご紹介します。

窓を二重にするなど、コストが高い対策はご紹介しません。安く、効果的に部屋を暖める方法だけを選びました。

窓の防寒対策 寒い木造住宅は隙間風から

部屋の中でもっとも冷気が入ってくるのがです。木造にせよ新築にせよ、どんな家でも窓は冷たくなります。

それは、部屋の中で外気に対してもっとも薄い部分であり、ガラスは熱を通しやすい素材だからです。

実際に、寒い日に窓に触れてみてください。とても冷たく、窓から部屋が冷たくなっていることがよくわかります。

逆にいえば、窓の防寒対策がしっかりとできれば部屋はずっと暖かくなります。しっかりと対策をしましょう。

すきまテープで窓・ドアのすきま風を防ぐ

部屋の防寒対策として真っ先にしなければいけないのは、隙間風が入ってこないように隙間を塞ぐことです。

隙間が空いていると、いくら暖房を入れても部屋は温まりません。外の冷たい外気が、直接部屋に入ってきます。

特に、木造住宅や築の古い部屋は、窓・ドアがしっかりと閉まらないこともあります。

古い木造住宅だと窓の「気密性」が低いので、少しずつ隙間風が入ってきています。閉まっていると思っても、閉まっていないのです。

隙間風には、「すきまテープ」です。窓全体に貼って、すきま風を徹底的に防ぎましょう。

こちらの隙間テープは、アマゾンで評判がよかったので購入しました。防音にも優れ、隙間もぴったりと埋まりました。

ホームセンターに売っているテープよりも性能が良くコスパがいいです。ネットで注文しましょう。

3Mのテープが2本入っていますが、思ったよりも使う場所は多いです。わたしはワンルームに住んでいますが、追加注文しました。

外の騒音も聞こえなくなりましたし、何より体感的に部屋の温度が2〜3度上がった感覚があります。隙間テープ恐るべし。

窓・隙間テープの使い方

隙間テープを買ったところで、どこに貼ればいいか意外とわかりません。窓のレールに左右・上下ピタッと張ります。

寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 ワンルーム 節電 節約 冬の寒さ対策 隙間風テープ

隙間テープを窓に貼る

説明が難しいので、上の画像をご参照ください。「えっ、ここに貼るの?」と言う感想でしょうが、ここに貼ります。

要するに、窓と窓を締めるレールに隙間が空いているのです。古い部屋の窓ほど気密性が弱く、ガタガタしています。

びっくりするほど効果があるので、試してください。隙間テープなしで、寒い冬は越せません。

また、最近では薄い隙間テープもあるようです。こちらも人気商品なので、レビューを参照しながら比較して見てください。

窓ガラスはニトムズ断熱シートフォームで防寒対策

窓際の防寒対策として次に重要なのは、薄い窓ガラスを分厚くすることです。

窓を二重に工事することもありますが、そんな時間もお金もかけてられないので断熱シートを購入しましょう。

もっともオススメは、ニトムズの断熱シートです。ペタっと貼るだけで簡単ですし、7cmもあるシートはこれだけです。

一般的にホームセンターで売っているものは厚さ4mmのシートです。しかし、7mmだと2倍ほど効果があります。

また、7mmの断熱シートはホームセンターで販売していません。ネットでしか購入できない7mmのものを購入しましょう。

ニトムズの断熱シートは種類が多いので買うときに注意してください。また、7mmの断熱シートは2個入りだと送料無料です。

ニトムズ断熱シート7mm寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 ワンルーム 節電

ニトムズ断熱シート7mm

わたしは、7mmのシートをさらに二重にして使っています。14mmです。厚ければ厚いほど、効果が高いです。

また、透明なので採光がしっかり入ります。晴れている昼間は、しっかりと光が入り部屋を明るく暖かくしてくれます。

部屋に少し大きめの窓が一つでもあるのであれば、「窓ガラス断熱シート」は防寒対策として必須道具です。

冷気ストップライナーで冷気を塞ぐ

さらに、最近ではストップライナーというものが発売されています。窓ガラスの防寒対策としては、もっとも人気の商品です。

こちらのストップライナーもニトムズから販売されています。普通の窓にはLサイズで、低めの窓にはMサイズです。

使い方としては、レースカーテンの裏側に取り付けるだけです。すると、窓からの冷気を床へと受け流してくれます。

ストップレイナーはカーテンの裏につける

透明なので見えにくいかもしれませんが、カーテンレールに取り付けるだけなので非常に簡単に付けられます。

レースでなくても、カーテンの内側にもつけることができます。カーテン同士をぴったりとくっつければ、冷気が部屋に入りません。

「なるほど」と言うような防寒グッズです。値段も安いので、ぜひ試して見てください。

「窓」寒さ対策まとめ

以上に紹介したように、わたしは隙間テープ・断熱シートフォーム・冷気ストップライナーすべてを取り付けています。

しかし、決して「やりすぎ」な防寒対策ではありません。

部屋をもっとも寒くするのは、窓です。窓への防寒対策は入念にしましょう。

どれも1000円程度の商品なので、まとめ買いをオススメします。暖房代を考えると、ずっといい投資になるはずです。

ただ、これらの防寒グッズに優先順位をつけると、

  1. 隙間テープ
  2. 断熱シートフォーム
  3. 冷気ストップライナー

と、紹介した順番になります。

繰り返しますが、窓への防寒はしすぎることはありません。入念に、冷気を追い出しましょう。

amazonギフト券

Amazonで商品を購入される場合は、アマゾンギフト券にチャージすると初回時に無料で1,000ポイントもらえます。

さらに、チャージするたび最大2.5%ポイントが必ず貯まります。

本当にお得なので、Amazonで購入するときは現金をチャージしましょう。
>>>アマゾンギフト券公式サイト


寒い部屋は床も防寒対策  一軒家 一階住み

木造の寒い部屋を防寒するとして、窓の次にくるのが「床」です。真冬になると、床からも冷たい空気が染み出してきます。

もともと、暖気は上昇し、寒気は下降します。冬に足元が冷たいのは、このためです。

また、一階に住んでいる方や一軒家の方は必要以上に床からの防寒対策が必要となります。

冷えは、足元からきます。厚手の靴下を履き暖かいスリッパを履くことも防寒対策ではありますが、部屋の床を暖かくする方法をご紹介します。

アルミシートを敷いて床の防寒対策

以前はあまり家庭では見かけませんが、アルミシートは非常に暖房効果の高い素材です。冬山登山の必需品にもなるほどです。

アルミシートは、敷くだけで室内の保温効果があります。電気代が一切かからないので、効率のいい暖房グッズです。

こちらのクッションマットは厚さが8mmもあるので、大きな保温効果に加えて、クッションとしても使用できます。

ここまでぶ厚いと、上に座っているだけで温かみを感じるほどです。床暖房のような効果があります。

電気カーペットの下に敷けば、さらに効果的です。少ない電気で部屋をより暖めることができます。

また、布団で寝ている方は、布団の下に敷くだけでも気持ちよく眠れるはずです。敷くだけで、いつもよりずっと暖かくなります。

ファンヒーターアルミシート寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 節電 節約 冬の寒さ対策フ

ファンヒーターとアルミシート

わたしは、画像のようにファンヒーターの上に置いてもいます。暖房効果を逃さずに、部屋を暖めてくれます。

ホットカーペット・電気敷き毛布で床を温める

床を温めるのであれば、ホットカーペットです。冷えやすい床から、部屋全体を温めることができます。

アイリスオーヤマのホットカーペットは値段も驚くほど安く使いやすいのでオススメです。アマゾンでもっとも人気のカーペットです。

実家で使っているのですが、ホットカーペットは電気毛布と比べて厚みがあるので、床からの暖房効果が高いです。

先ほど紹介したアルミシートの上に置くとさらに効果的です。

アルミシートとホットカーペットのセットは床暖房の定番になりつつありますね。

こちらは、1畳から、1.5、2、3畳と大きさが選べますので、用途や部屋のサイズに合わせて選択することができます。

就寝時:電気敷き毛布を布団の下に敷く

電気敷き毛布は薄いので、直接床に敷いてもあまり防寒は期待できません。しかし、就寝時に絶大な効果を発揮してくれます。

実際に「毛布」として掛け布団として利用してもいいのですが、名前の通りマットレスに敷くと腰・背中から体を暖めてくれます。

こちらのアマゾンでも大好評の電気敷き毛布は、ちょうどひとり用のサイズです。

木造住宅のせいか朝・夜に底冷えするので不安でしたが、睡眠時の防寒対策として、これだけで十分でした。暖房不要です。

就寝時に暖房をつけると、喉を壊します。部屋が乾燥するので、肌も荒れます。

加湿器をつけてもいいですが、めんどくさいし電気代もバカになりません。電気式毛布は、暖房と比べてずっと安いです。

電気敷き毛布 寒い部屋の防寒対策グッズ 冷たい窓 床 木造 節電 節約 冬の寒さ対策フ

マットレスの上に、電気敷き毛布

私は、マットレスの下に先ほどご紹介した「厚手のアルミシート」を敷いています。

就寝時の防寒対策として、以前は「暖房と加湿器のセット」でしたが、今は「電気敷き毛布とアルミシートのセット」に変わりました。

本体価格も安いですし、電気代もかかりません。肌にも喉にも、健康にもいいです。電気敷き毛布、本当にオススメです。

サーキュレーターで暖房を効率よく流す

暖気は上昇し、寒気は下降する性質があります。なので、せっかく暖房を入れても暖かい風は上へと逃げてしまいます。

そこで、暖房費節約用にサーキュレーターが必須です。冷暖房費は、ざっと半額程度まで下げられます。

アマゾンレニューの評価数からも、アイリスオーヤマのサーキュレーターは殿堂入りの商品です。とにかく安い。

風の威力も向きも、扇風機では代用できないのでご注意ください。上へと風を向けられないと、上部に溜まった暖気は循環しません。

また、扇風機の代わりにもなりません。サーキュレーターは、あくまでも冷暖房を効率よくするものです。

ワンルームの防寒対策  小さな部屋にファンヒーター

冷気がもっとも入りやすい窓・床への防寒対策をご紹介させていただきました。

最後に、暖房器具をひとつ紹介します。備え付けのエアコンが調子が悪かったり、電気代が高いと言う方にオススメです。

わたしの部屋のエアコンは今は亡き三洋のエアコンです。起動に10分かかりますし、付けてると電気代は軽く家賃を超えます。

三洋のエアコン 電気代は家賃以上

そこで、素晴らしい暖房器具を見つけたのでご紹介させていただきます。人気があったので気になっていましたが、すごかったです。

KEYNICE セラミックヒーター(ファンヒーター)どこでも暖房

KEYNICE セラミックヒーターです。ボタンを押せば、すぐに暖房が入ります。

小型なのに、すごい威力です。ワンルームであれば、エアコンの代わりになるほど十分な暖房効果を発揮してくれます。

すぐに温風が出ることに加えて、コンパクトなため「暖めたい場所に、持ち運びすることができる」のが大変便利です。

脱衣所、トイレ、キッチンなど小さな部屋にも持ち運びできます。ちょうどいいスペースにご利用ください。

普段リビングで使っていても、寝室に持っていくことができます。お腹が痛くなれば、トイレに持っていくことも可能です。

KEYNICE セラミックヒーター(ファンヒーター)どこでも暖房

大きさは ipad mini と変わらない

大きさでいうと、ipad mini と同じくらいです。とても小さいですが、素晴らしいパワーを発揮してくれています。

小さな部屋、ワンルームにはKEYNICE セラミックヒーターがオススメです。値段も安いし、電気代も節約できます。

KEYNICE ファンヒーター 足元ヒーター セラミックヒーター 口コミ 購入レビュー キーナイス オススメ

2018.12.25

オイルヒーター電気ストーブは使えない効果ない暖房器具 ダンボール効果

補足として、実際に使ってみて効果がなかった暖房器具を紹介します。

まず、電気ストーブです。発売以来圧倒的人気な、電気ストーブ(ハロゲン)ですが、はっきり言って使えません。

確かに、すぐ温まりますが、局所的過ぎます。「左めっちゃ熱いけど、右ぜんぜん冷たい」というような感覚です。

現在でも大人気でアマゾンでのレビューもすごいです。しかし、部屋も暖まらないし、バランスが悪すぎます。

ハロゲン電気ヒーターは使えない弱い暖房効果防寒対策

使えない電気ストーブ 後ろ向き

KEYNICE セラミックヒーターが家にきてからは、端っこに置いてあります。使えないので、壁を向いてもらいましょう。

また、オイルヒーターも全然使えません。部屋を暖めるのに、一体何時間かかるのでしょうか。

電気代も安くなると聞きましたが、そんなことありませんでした。何が良くて、そこまで評判が高いのでしょうか。

ダンボールを床に敷くと暖房効果がある?

実は、ダンボールを床に敷くことも、実は暖房効果が期待できます。部屋に敷き詰めてみましたが、その暖房効果に驚いています。

ダンボール部屋暖房効果床防寒対策

床にダンボールを敷き詰める

しかし、画像のように哀しい感じになるのは否めません。「今後、誰も部屋に入らない」と確証できるならオススメです。

わたしは、ダンボールを敷き詰めて、その上にアルミシート、さらにホットカーペットを置いています。

複合的に防寒対策をすることで、相乗的に部屋を暖めることができます。あるものは、すべて使うべきです。

意外にも知られていないような防寒グッズはたくさんあります。うまく利用して、厳しい寒さに備えましょう。




▼この記事をSNSでシェアする▼