低周波治療器(電気治療)の効果がある使い方 腰痛・肩こりの効き目は?オムロンの選び方 

低周波治療器(電気治療)の効果がある使い方 腰痛・肩こりの効き目は?オムロンの選び方 

 SNSでシェアする  

低周波治療器といえば、整骨院・接骨院でかけてもらう電気治療のことですね。

筋肉痛や筋肉疲労の部位に対して行われる治療法です。肩こり・腰痛に対しても電気をかける接骨院もあります。

しかし、低周波治療(電気治療)は、本当に効果があるのでしょうか?

効果があるとしたら、どこの部位に、どんな症状に効果があるのでしょうか?

この記事では、低周波治療器の仕組みから、効果がある・ない部位や症状について説明します。

最近、低周波治療(電気治療)は、家庭用に手軽に利用できるようになりました。

そこで、家庭用低周波治療器の使い方、どの商品が失敗しないかも合わせてご紹介します。

低周波治療器を正しく利用して、自身の症状を緩和させてください。興味のあるページに、目次から直接飛べます。

低周波治療(電気治療)の原理・仕組み  なぜ効くの?

まず、低周波治療(電気治療)の仕組みについて簡単にご紹介します。

「微弱な電気を流すことでで肩こりが治る」と言うことは簡単ですが、なにが体内で起こっているのでしょうか?

そもそも、人間の体には、常に電気が流れています。

心臓からは心電流が、脳からは脳波など、神経や筋肉からも多くの電気が常に発生しているのです。

しかし、体内にある電気はいつも正常に流れているわけではありません。

肩こり・腰痛、打撲、筋肉疲労など、体の不調により体の電気の流れが悪くなるのです。

また、人間の神経や筋肉には、低い周波数のパルス電流に反応する性質があります。

その性質を利用して、体の外部から低周波電力を流し、筋肉や神経など損傷した体内の不調を修復させるのです。

低周波の電流が流れると電極付近の筋肉が収縮し、電流が止まると筋肉は弛緩します。

電気によって筋肉の運動が繰り返されることで、血行が促進されます。電気治療が、血行促進にいいと言われる理由です。

しかし、低周波治療にはまだまだ解明されていないことも多く、何が原因でどんな効果があるかを断定できません。

以上の説明は、あくまでも一般的に言われている医学的な説明でした。その効果は、実際に試してみるのが一番です。

低周波治療(電気治療)の効果とは?

低周波治療器(電気治療)を行うことによって、どのような効果があるのでしょか?

まずは、一般的に言われている低周波治療器の効果からご紹介します。

  • コリをほぐす(血行を改善する)
  • 痛みを和らげる
  • 筋肉をつける

です。

低周波治療器(電気治療)でコリをほぐす(血行改善)

姿勢が悪かったり同じ体勢が長時間続くと、筋肉が疲労し、血行が悪くなります。コリが生まれる原因です。

そこで、低周波治療を利用して体表から筋肉を運動させ、硬くなった筋肉の緊張を緩ませます。

利用してみた方はわかると思いますが、電気治療中は筋肉がビクビクと動きますよね。

筋肉が動いている症状は悪いものではなく、硬くなった筋肉を動かして血行を促進させているのです。

低周波治療にマッサージ機能があるのは、マッサージと同じ効果があるからです。筋肉を動かして、血行を促進させています。

コリ固まった部位を電気で動かすことによって、次第に血行が改善され、コリがほぐれるのです。

低周波治療器(電気治療)で痛みを和らげる

低周波治療器には、「痛み」を取る効果があります。

そもそも「痛み」は、脳で感じられるものです。不具合が起こった患部が「痛み」の信号を発し、神経を通じて脳に伝わります。

低周波は、患部から発された痛みの信号を、脳に伝わる手前で遮断することができます。

「筋肉を動かして血行が良くなるから痛みが取れる」だけではなく「直接、痛みの信号を電気で遮断する効果」があるのです。

低周波治療は、痛みを和らげる効果がありますが、肉離れや打ち身など、ケガをした直後は、逆効果となってしまいます。

血行が良くなると炎症( 腫れ)を促進させてしまうので、ケガ直後は冷寒シップや氷でアイシングしましょう。

低周波治療器(電気治療)の効果が期待できるのは、炎症( 腫れ)が治ったあとからです。

低周波治療(電気治療)で効果ある・効果ないこと

以上のことを踏まえて、低周波治療器(電気治療)で効果があること・効果がないことを具体的に説明します。

万能そうに聞こえる低周波治療ですが、効き目があること・効き目がないことではっきり分かれます。

常に利用してるわたしが体感した、「リアルな効果」も踏まえてお伝えします。

低周波治療(電気治療)で効果があること

低周波治療器(電気治療)は以下のことに効き目があります。

  • 筋肉痛・筋肉疲労(スポーツ)
  • 打ち身や打撲(炎症がない場合)
  • 冷え性・むくみ

です。

低周波治療器は筋肉痛・筋肉疲労に効果ある スポーツ後に電気治療

低周波治療器(電気治療)は筋肉痛・筋肉疲労に効き目があります。

激しいスポーツの後や、長い距離を歩いたとき、長時間の立ち仕事でも、筋肉を使いすぎた後にはとても有効です。

歩きすぎたら、ふくらはぎや太もも(ハムストリングス)に、デスクワークをしすぎたら、肩や背中に電気をかけてみましょう。

翌朝には、疲労回復しているはずです。ビタミン剤を飲むより、ずっと効果があります。

実際に、わたしは激しいスポーツ(格闘技や水泳)をしているのですが、運動後に必ず低周波治療器を肩にかけています。

電気を流すか・流さないかで、次の日違いますよ。使いすぎた足・肩・腰には、低周波治療をかけてあげましょう。

低周波治療(電気治療)は打ち身・打撲に効果がある(炎症がない場合)

低周波治療器は、打ち身や打撲にも効果があります。

体をぶつける(打ち身・打撲)と、脳からの信号が患部の筋肉・神経へ届かなくなります。

そこで、低周波を外部から送り、体内の電気信号を正常化させるのです。体が元のように動き始めます。

打ち身や打撲によりこわばって硬直した筋肉に電気をかけると、動きが良くなるのはこういう現象です。

低周波治療は、筋肉を動かして血行を促進させる効果もあるので、炎症(腫れ)があるときは利用しないでください。

炎症があるときはまず患部を冷やしましょう。腫れが引いたら、低周波をかけて筋肉の動きを改善させてください。

低周波治療(電気治療)は冷え性・むくみに効果がある

低周波治療は、冷え性・むくみにも効果があります。

理由は単純で、低周波は血行を促進させる効果があるからです。

足のむくみには、ふくらはぎ(ヒラメ筋)や太ももに電気をかけましょう。

ふくらはぎは血流を全身に送り込む筋肉で、太ももは体の中で一番大きな筋肉なのです。冷え性対策としてオススメです。

低周波治療(電気治療)で効果がないこと

対して、低周波治療器(電気治療)は以下のことに効き目がありません。

  • 重度の肩こり・腰痛
  • ダイエット(二重あご・二の腕・太もも)
  • 筋トレ
  • 肌荒れ(美容)
  • ヘルニア・骨折

項目が多いですが、「効果がある」と勘違いしている人がいるのですべて書きました。

低周波治療(電気治療)は重度の肩こり・腰痛(座骨神経痛)に効果がない

低周波治療(電気治療)は、ちょっとした肩こり・腰痛には効果があります。

実際に、整骨院の先生でも、腰が痛いときには自分で腰に電気をかけているものです。

しかし、重度の肩こり・腰痛(座骨神経痛)には効果がありません。一時的に痛みを軽減できますが、根本的な解決にはなりません。

大きな痛みには、必ず原因があります。電気を流して一時的に痛みを取ることは可能ですが、根本の原因を探しましょう。

低周波治療と肩こり・腰痛の関係については、次の章で詳しく説明いたします。

低周波治療(電気治療)はダイエットに効果がない(二重あご・太もも・二の腕・お腹)

低周波治療は、ダイエットになんの効果もありません。

太ももにも、二の腕にも、二重あごにも、ウエストにも決して効き目がないので注意しましょう。

確かに、低周波治療は血行を促進させるので、代謝を活発させる効果は期待できます。

しかし、ダイエットや痩せることを目的として電気をかけるのは、ほとんど効き目がないと考えてください。

どんな商品でも女性向けに、「ダイエット効果あり」と宣伝するものは多いです。あっても微々たるものです。

ダイエットに効果があるのは、糖質制限とスポーツ(筋トレ)です。ラクせずに、コツコツと痩せましょう。

当ブログでは、健康的に痩せる方法をご紹介しています。

低周波治療(電気治療)はダイエットに効果がない

低周波治療はダイエット・筋トレ効果はない

低周波治療(電気治療)は筋トレ効果はない(腹筋は割れない)

低周波治療に筋トレ効果はありません。

低周波治療がダイエット・筋トレに効果があると言われるのは、電気によって筋肉を動かしているからです。

「筋肉が動いているから、筋肉が付く。」と言うのは簡単ですが、受動的に筋肉を動かしても筋トレ効果はありません。

わかりやすい例でいうと、自分の二の腕を反対の手で揺すってください。筋肉は動いても、筋トレ効果は期待できますか?

負荷をかけることなく、筋肉は付きません。筋トレは、自分で筋肉を動かそうとする意志によって、効果が出るものです。

最近では、高周波(EMS)なんて話題になっていますが、あれも嘘っぱちです。絶対に信用しないでください。

低周波は血行をよくさせるもので、筋トレ目的で使うものではありません。

低周波治療(電気治療)は肌荒れ(美容)に効果がない

低周波治療は、肌荒れに効果はありません。美容効果に効き目はないので、期待しないでください。

顔に電気をかければ、血行を促進させることはできます。顔の筋肉のコリはほぐせます。

しかし、電気をかけたところでお肌がツルツルになるわけではありません。

低周波治療器は、部分的に血行をよくすることはできますが、全身の血行をよくできるわけではありません。

肌荒れや美容には、低周波よりもお風呂や温泉の方が効果が期待できます。

カッピングはお風呂上がり、就寝前がベスト

低周波治療(電気治療)はヘルニア・骨折に効果がない

低周波治療は、大きなケガや病気の根本的原因から治すことができるものではありません。

椎間板ヘルニアであれば、一時的に痛みを緩和できることはできますが、治療後にすぐ痛みをぶり返すでしょう。

ヘルニアの痛みが治らない場合は、手術をオススメします。低周波でも高周波でも治る簡単な病気ではありません。

また、骨折した部位に低周波(電気)を流すと効果があるとも言われていますが、大した効果は期待できないでしょう。

骨が折れた箇所の血行を促進させれば、少しは骨折の修復期間を期待できるかもしれません。

しかし、ちょっと血流がよくなったからといって、骨がすぐにくっつくわけではありません。

わたしは、腕の骨を折ったときに、株式会社テイジンが発売している高価な電気治療器具を購入しました。10万円近くしましたが、何の高価もありませんでした。

骨折は、患部を動かさないようにキツく固定することが大事です。安静にしてください。

低周波治療(電気治療)は慢性肩こり・腰痛に効き目があるのか?

低周波治療(電気治療)は、慢性的な腰痛や肩こりに効果があるのでしょうか?

実際に、マッサージや疲労回復グッズを購入されるほとんどの人が、肩こり・腰痛にお悩みです。

結論として、低周波治療は、慢性的な腰痛や肩こりに効果があります。しかし、根本的な原因の解決には至りません。

電気治療は、一時的にコリをほぐしてくれます。マッサージやカッピングと同様な効果が期待できます。

しかし、慢性的に首・肩、腰の痛みに悩まされているのであれば、日常生活の中に原因があるはずです。

肩こりが治らない方は、「巻き肩」が原因でしょう。肩が内側に巻いてしまって、猫背が治らないのです。

猫背である限り、必要以上に首と肩に重力がかかってしまいます。巻き肩予防はこちらの記事を参考にしてください。

巻き肩の原因と治し方?ストレッチとヨガで猫背改善 正しい寝方で肩コリ解消

2018.10.30

また、慢性的な腰痛の方は、そのほとんどが「反り腰」を原因としています。

腰が反っているために、立っているときも、座っているときも、睡眠中にも、腰へと大きな負担がかかってしまいます。

慢性的な腰痛・座骨神経症でお悩みの方は、「反り腰」の可能性が高いです。反り腰予防はこちらの記事を参考にしてください。

反り腰の原因と治し方 寝方・立ち方・ストレッチまで腰痛改善方法まとめ

2018.08.15

慢性的な肩こり・腰痛は、マッサージや低周波治療器で一時的に痛みを取ることは可能です。

しかし、合わせてストレッチやヨガをすることが必要です。硬くなった体を伸ばさないと、慢性的な痛みには対処できません。

ストレッチをする前提で、電気治療も行ってください。ストレッチもヨガもめんどくさいですが、体を整えるには一番大事です。

肩こり・腰痛にお悩みであれば、こちらのヨガ動画を試してみましょう。あらゆる動画の中で、もっとも効果がありました。

正しくストレッチをする習慣を付けて、痛みのない健康な体を手に入れましょう。

低周波治療(電気治療)効果のある使い方と回数  長時間の使いすぎに注意?

では、低周波治療器の「効果のある使い方」についてご紹介します。

低周波治療(電気治療)の効果を最大限に発揮できるよう、正しい使い方をマスターしてください。

また、使用すべき回数と、使いすぎについてもご説明します。

低周波治療(電気治療)効果のある使い方

低周波治療(電気治療)効果のある使い方は、

  • 粘着パッドに水を吹きかける
  • 痛みを感じない最大電力をかける
  • 粘着パッドは左右両方つける

です。

粘着パッドに水をかける

あまり知られていませんが、粘着パッドに水をかけると、電気抵抗が少なくなり、より高い効果を期待できます。

皮膚の表面は、ほとんど電気を通しません。絶縁体に近く、電気に対して大きな抵抗が生まれてしまいます。

いくら強い電気を流しても、皮膚で電流のほとんどがブロックされてしまうのです。

そこで、粘着パッドに水を吹きかけてあげると、皮膚の電気抵抗を下げてくれます。

水をつけたところで、感電することもありません。電気抵抗が少なくなるので、逆に火傷の危険性を下げてくれます。

低周波治療(電気治療)効果のある使い方と回数  長時間の使いすぎに注意?

アルコール除菌を粘着パッドに

わたしは、除菌もかねてアルコールを粘着パッドにかけています。

痛みを感じない最大電力をかける

低周波治療(電気治療)で、どれくらいの強さに設定すればいいのでしょうか?

正解は、「痛みを感じない最大電力」で、電気をかけましょう。電力をいくら大きくしても、体には何の問題はありません。

「電気治療をかけて、筋肉がブルブル震えて怖い」と感じるかもしれませんが、わざと筋肉を震わせて血行改善をしているのです。

「痛みを感じない」と書いたのは、痛いと筋肉が緊張してしまうからです。

血行を促進させたいのに、患部の筋肉を緊張のために硬直させると逆効果になります。

低周波治療(電気治療)は、「痛みを感じない最大電力」で治療を行いましょう。

粘着パッドは左右両方つける

粘着パッドは、きちんと左右両方つけましょう。

低周波治療(電気治療)において、電気は2つのパッド間から流れています。片方だけパッドをつけても、効果がないのです。

例えば、右肩だけが痛いとします。しかし、片方のパッドを右肩だけにつけても効果はありません。

右肩だけが痛いなら、右肩に2枚ともつけてください。低周波治療のパッドが2枚あるのは、理由があったのです。

低周波治療(電気治療)効果のある使い方

粘着パッドは左右両方つける

低周波治療(電気治療)の回数と時間  長時間の使いすぎに注意?

低周波治療(電気治療)は、1日に何回行うべきか、どれくらいの時間を使うべきでしょうか。

結論は、

  • 何回使っても体には問題ない
  • 何時間でも電気を流しても大丈夫

です。

整骨院や整形外科でも、オムロンの家庭用低周波治療器でも、10分で電気が止まるようになっています。

しかし、10分の利用が体にいいわけではありません。マッサージとしてちょうどいい時間だから、10分に設定しているだけです。

基本的に、低周波治療を使いすぎて体に悪いことはありません。「長時間の使いすぎに注意する」必要もありません。

ただ、低周波治療(電気治療)は皮膚を火傷させる危険性があります。粘着パッドに水を付けて、火傷対策をしましょう。

低周波治療(電気治療)を購入すると、1日に何回でも使いたくなりますよね。

気持ちはわかりますが、使いすぎたからすべてが良くなるわけではありません。節度を持って治療をしましょう。

低周波治療(電気治療)は逆効果?副作用・デメリット・注意点

では、低周波治療(電気治療)には副作用・デメリット、逆効果になるようなことはあるのでしょうか?

考えられる注意点(デメリット)を挙げると、

  • やけどする可能性がある
  • 肉離れやぎっくり腰に逆効果

くらいです。

低周波治療器はやけどに注意しよう

低周波治療(電気治療)を利用する上で、もっとも考えられるデメリット・副作用は、「やけど」です。

強い電力を与えすぎると、皮膚がやけどしてしまいます。(大きなやけどではなく、小さなやけどですが・・・。)

低周波治療器におけるやけど対策は、粘着パッドに水をかけることです。電気抵抗も減らせるし、効果も上がります。

電気に水と聞くと危険に思えるかもしれませんが、感電することはありません。

肉離れ・ぎっくり腰の初期症状に逆効果

低周波治療(電気治療)は肉離れやぎっくり腰の初期症状に逆効果となります。

まだ炎症が引いていないうちに血行を促進してしまうと、筋肉の損傷も広げてしまいます。

肉離れやぎっくり腰など、炎症が起こるケガに対しては、まずは腫れが引くまでしっかりと冷やしましょう。

低周波治療の出番は、腫れが引いたあとです。ケガの直後は、電気を当ててはいけません。

肉離れ・ぎっくり腰の初期症状に逆効果

自宅でセルフ低周波治療ができる  整骨院(接骨院)よりオムロン買おう

整骨院や接骨院でしかできなかった低周波治療(電気治療)が、自宅でセルフで利用できるようになりました。

オムロンから出ている低周波治療器です。

4000円ほどで利用できるので、自宅に一つ持っておきましょう。乾電池を交換するだけで、半永久的に使えます。

接骨院や整骨院に行っていた方はもう通う必要はありません。自宅で、好きなときに全く同じことができます。

肩こり・腰痛で接骨院(整骨院)に通うのであれば、きちんと手技(マッサージ)をしてくれる院に通いましょう。

接骨院(整骨院)の役割は、専門家に安くマッサージしてもらえることです。電気だけかける医者なんて、かかる必要ありません。

医療用も家庭用も効果は同じ

低周波治療器には、「医療用」と「家庭用」があります。接骨院(整骨院)で受ける医療用の方が効果が高いのでは?

実際に利用してみるとわかりますが、家庭用(オムロン)の低周波治療器は、病院で受けるものと変わらない強度があります。

整骨院で流れる電気も、オムロンから流れる電気も同じ電気です。なんの違いもありません。(接骨院の先生も、そう言ってました。)

オムロン低周波治療器の比較

家庭用の低周波治療器を購入するなら、絶対にオムロンにしてください。耐久性も、保証も、価格も、高いクオリティです。

最近では、アマゾンレビューで異常に高評価の低周波治療器があります。あれは、お金を払って企業がレビューを買っているのです。

値段も対して違いはないので、低周波治療器は迷わずにオムロン製品を購入しましょう。

しかし、オムロンの低周波治療器にも種類があります。その中でも、この3つに厳選して比較しました。

値段が一番安くて人気なのは オムロン 低周波治療器 ラベンダー HV-F022-V

オムロン 低周波治療器 ラベンダー HV-F022-V は、オムロンシリーズで一番人気の製品です。

デザインがコンパクトな割に、電力も強いです。ラベンダー色も素敵ですよね。

軽量サイズで、マッサージ器械感がないので、オフィスでも利用できます。

さらに安いオムロン製品もありますが、古い商品なので耐久性に不安が残ります。

4000円程度でお買い得なのと、ロングセラー商品なので、こちらを買って失敗はしません。

温熱効果も合わせた  オムロン 低周波治療器 ホットエレパルス プロ HV-F310

最近の低周波治療器には、温熱効果も付いています。オムロン 低周波治療器 ホットエレパルス プロ HV-F310 です。

少し大きいので、家庭用として家族で利用してください。

オムロンには、他にも温熱効果の付いた低周波治療器がいくつかあります。もっと小さく運びやすい治療器もあります。

しかし、温熱効果がある治療器は、使うと眠くなってしまいます。なので、オフィスに持ち込んでも、眠くなってしまうのです。

どうせ自宅でしか使えないので、こちらのオムロン 低周波治療器 ホットエレパルス プロ HV-F310がオススメです。温熱効果があるものでは一番安いです。

オムロン 低周波治療器 筋疲労回復 マイクロカレント波 本体2台+パッド2枚 コードレス 専用スマホアプリ操作 HV-F602T

最後に、最新のオムロン商品をご紹介します。なんと、低周波だけでなく、マイクロカレント波を出す治療器です。

低周波治療器の中では初めてのコードレス商品です。なんと、操作はスマホアプリから簡単にできます。

値段は高いですが、アマゾンレビューもかなり好評です。興味がある方は、ぜひご検討ください。

アマゾンで商品を購入する方は、アマゾンギフト券にチャージするとお得です。

amazonギフト券

Amazonで商品を購入される場合は、アマゾンギフト券にチャージすると初回時に無料で1,000ポイントもらえます。

さらに、チャージするたび最大2.5%ポイントが必ず貯まります。

本当にお得なので、Amazonで購入するときは現金をチャージしましょう。
>>>アマゾンギフト券公式サイト


粘着パッドは定期的に交換する

オムロンの低周波治療器は、耐久性に優れています。わたしは、ほとんど毎週利用していて、数年経っても壊れません。

しかし、付属の粘着パッドは半年に一度は交換する必要があります。(使用頻度と使い方によりますが)

パッドは、正規品から、格安のパッドまであらゆる種類が売っています。

どれも利用できますが、パッド次第で電力の強さも変わってきます。いろいろ試しましたが、正規品が一番です。(少し高いですが)

低周波治療器を自宅で手軽に利用して、毎日の疲れを取りましょう。

購入するなら、オムロン製品で、アマゾンのレビューが高いものを選んでください。




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です