日本人はリズム感ない 裏拍が取れない理由とは

日本人のリズム感

 SNSでシェアする  

日本人はリズム感が悪いと、よくいわれます。

確かに、日本の伝統的な音楽は「リズムを楽しむ」ことをそこまで重視してきませんでした。

「リズム」を音楽の三大要素の1つとしてきた西洋音楽と比べれば、「リズム」に対する関心が薄かったと思われます。

さらに、日本は「和歌」や「俳句」などがあるように「曲」よりも「詩」に対する思い入れが強いようです。

西洋の音楽がここまで浸透してきた今でさえ、JPOPを聴く人は「歌詞」>「曲」と捉えているひとが多いです。

「日本人はリズム感が悪い」といわれますが、「リズム」に意識が向いていなかっただけです。

しっかりとリズムに対する教育を受ければ、誰でもリズム感を養うことができます。

リズム感とは、リズムが正確に取れること

そもそも、リズム感とは「リズムが正確に取れること」です。譜面通りにリズムが取れることをいいます

人によって得意・不得意はありますが、しっかりと学習すれば誰でも身につけられるものです。

メロディーを聞いて、頭の中で「リズム譜面」が思い浮かべられるように訓練します。

しっかりと練習していれば、いつの間にか曲を聴いて、身体でリズムを取れるようになっています。

「リズム感」はこのように、日本人でも西洋人でも練習すれば身につけられるものです。

しかし、リズムが取れても、まだ問題が残ります。それは、裏拍(アフタービート)でリズムが取れないことです。

日本人は裏拍でリズムが取れない

日本人は「裏拍」を取ることが苦手です。童謡や演歌など、日本的な音楽は表拍をいつも強調してきました。

西洋人と比べて・・・といわれますが、西洋の音楽も基本的には表拍を強調します。

4分の4拍子だと「と」が基本です。

裏拍を強調するのは、黒人(アフリカ系)独特のリズム感です。

4分の4拍子だと「1」が基本です。

裏拍を取れるようにするには、黒人音楽を聴いて慣れる必要があります。

童謡や演歌を聴きつづけていても、裏拍が取れるようにはなれません。

ジャズでも、R&Bでもいいので、黒人音楽を聴く習慣をつけましょう。そして、聴くさいには、足で裏拍を取るように練習します。

すると、「裏拍でリズムを取る」アフタービート感覚が身につくはずです。

体型的にリズム感を鍛えたい方は、こちらの「日本人のためのリズム感トレーニング」がもっともオススメです。

本書では、「日本人」だからこそのリズムに対する苦手な部分を説明した上で、課題に取り組むことができます。

「リズムに自信がない」「どうしても裏拍が取れない」と言う方は、本書を読んでみてください。

「リズム感なんて、トレーニング次第で簡単に身につくものなのだ」と、理解できるはずです。

日本人はリズム感がないのではなく、ノリが悪いだけ

「日本人はリズム感が悪い」といわれる正体は、実は「リズムの問題」ではありません。

「日本人はノリが悪い」んです。「ノリが悪い」から、リズム感が取れないと勘違いされがちです。

「リズム感」はきちんとした教育があれば、誰にでも習得可能なものです。でも「ノリの良さ」は子持ちの問題。

音楽が流れると、下手くそでも外国人は踊りだします。音楽=ダンス、の概念が染み付いているからです。

白人の太っている女性は、100%指先でリズムを取ります。これ、豆知識ね。

でも、日本には「音楽を聴いたら踊る」という感覚は一般的ではありません。クラブやディスコで、体が動かないひと多いですよね。

わたしもそうでしたが・・・。今は、音楽が流れればどこでも踊りはじめてしまいます。人は変われますよ。

こうした日本に限らずアジア的な「ノリの悪さ」が、「リズム感がない」と揶揄される大きな原因だと思われます。

でも、これは文化的なものですからね。もっと「音楽=ダンス」の感覚が日本に広まって欲しいです。

日本人は「横ノリ」が苦手 グルーヴがわからない

日本人は、「横ノリ」が苦手です。

裏拍は練習すれば取れるようになりますが、「横ノリ」は「グルーヴ」の問題なので難しいです。

今でこそあらゆる楽曲に「横ノリ」が適用されていますが、「横ノリ」とはもともと黒人の専売特許です。

「日本人は横ノリが苦手」といわれますが、実は、白人も横ノリが苦手です。

それは、日本の音楽も西洋の音楽も、手足でリズムを取る音楽だからです。黒人系「横ノリ」音楽は体幹でリズムを取ります。

「横ノリ」「縦ノリ」については、こちらの記事を参考にしてください。

「グルーヴ」についてはこちらの記事を参考にどうぞ。
「黒人リズム感」についてはこの本がオススメ!

日本語とリズム感 母音が必要な言語

日本語で曲を作ると、日本語の「クセ」が曲に大きく現れます。

日本語では、母音が子音に必ずくっついてきます。どんな言葉も「アイウエオ」の母音に回収されますよね。

そのため、英語の曲よりもたくさんの音節が必要になります。

日本語のリズム 音節が必要

日本語のリズム 音節が必要

ざっくりとしていますが「いいかんじ」と「feeling good」 と比べました。こんな短い単語でも音符の数に差が出てきます。

日本語で作られた曲は、より多くの音符が必要となります。しかし、一小節の中に入る音符の数は限られています。

日本語を使う以上、音節が多くなる。それが、JPOPが海外でヒットしない1つの理由とも言われています。

「日本語の曲ってなんかダサい」と思うひとも、言語としての問題かもしれません。曲の問題もあるでしょうが。

日本人は農耕民族だからリズム感が悪い?

「日本人は農耕民族だからリズム感が悪い」と言う人が、けっこういます。

はっきり言って意味がわかりません。自分のリズム感の悪さを、歴史を理由にしているだけです。

「ヤーレン、ソーラン」と表拍でクワで畑を耕していた日本人は、必然的に裏拍が取れない、みたいな。

一体、今の時代に「ヤーレン、ソーラン」とクワで畑を耕している日本人は、どれほどいるのでしょうか。

西洋は騎馬民族で「パカラッ、パカラッ、パカラッ」と馬のリズムが裏拍。だから、自然にアフタービートが強い、という伝説。

先ほどもいいましたが、西洋人の音楽(クラシック)も基本的には表拍が基本です。ロマンのある話ですが、いい加減すぎます。

現代では、いくらでも世界中の音楽が聴けるし、いくらでもリズムトレーニングが存在します。

しっかりと意識して訓練すれば、日本人だって「裏拍」を取れるようになりますよ。

「日本人は農耕民族だから」とすべて片付けてしまう人は、岡本太郎の「日本の伝統」に関する本を読みましょう。

岡本太郎は、日本人のルーツを農耕する前の狩猟時代(縄文時代)に探し求めていた人です。

民俗学から「岡本太郎」を見ると、太郎のアートも違って見えます。おもしろいですよ。

盆踊りとワークソング

最後に、日本の盆踊りの名曲炭坑節と刑務所に収容されていたアフリカ人奴隷の歌「Early In The Mornin’」を比べてみましょう。

アレンジは変わってきていますが、元は両方とも労働歌です。日本人と黒人のリズム感や音楽感の違いが見られるかも。

実際の炭鉱で歌われていた原曲ではありません。が、やはりメロディカルですね。

この畑にクワが刺さる音が、なんとも言えない囚人たちの悲哀感を出していますね。

クリント・イーストウッド監督の「インビクタス」にネルソン・マンデラの過去として、このようなシーンがありました。

「インビクタス」は、アマゾンプライムで視聴可能です。

でも、このような黒人奴隷のワークソングのようなものから、ジャズやR&Bが生まれ、世界のミュージックシーンを席巻した。

なんとも不思議なものですね。この「Early In The Mornin’」ときどき聴きます。癖になっちゃいました。

「リズム感」や「裏拍」を鍛えるには、体型的に勉強して見てください。リズムは、短期間で習得できるものです。

体型的にリズム感を鍛えたい方は、こちらの「日本人のためのリズム感トレーニング」が現在売られている書籍の中でベストです。

「リズムに自信がない」「裏拍が取れない」「人と合わせられない」と言う方は、本書から始めてみてください。

また、リズム感をつけるには、たくさんの音楽を意識的に聞くことが大切です。

リズム感を身につけるために、ブラックミュージックをたくさん聞きましょう。Amazon Music Unlimitedがオススメです。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上のの曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ

「グルーヴ」や「ノリ」については、コチラの記事からどうぞ。




▼この記事をSNSでシェアする▼