【体験談】仮性包茎を治す方法まとめ 美容外科の詐欺包茎手術に騙されるな!(動画あり)

仮性包茎を治す方法まとめ 美容外科の詐欺包茎手術に騙されるな!

 SNSでシェアする  

包茎というのは、悩ましい問題ですね。思春期になると、ほとんどの男性が悩むことです。

男性は、女性に比べて性器のコンプレックスを持ちやすいです。早漏、インポテンツ、性器の大きさ、などなど。

その中でも、包茎は誰にでも関わってくることです。実際に、日本人のほとんどの人が包茎(仮性包茎も含む)なのです。

そもそも、あなたは何包茎ですか?包茎には種類があり、全国の泌尿器科で一万円以下で治せるものもあります。

また、「仮性包茎」は病気ではありませんが、初期症状であれば自分で治せる場合もあります。

この記事では、包茎の種類や治し方、病院の選び方まで、わたしの実体験を踏まえてご紹介したいと思います。

先に言っておくと、美容外科で包茎手術は絶対に止めましょう。詐欺行為が多発し、何人もの方が被害に会っています。

キヨキヨ
包茎はコンプレックスが深いだけに、騙されやすいものでもあります。

わたしは裏技を使って、仮性包茎を泌尿器科で一万円以下で治しました。そのことについても、きちんとお話します。

包茎の種類まとめ  仮性包茎は病気ではない?

本記事では、「仮性包茎を治すこと」を目的に話しますが、まずはあなたの包茎の種類を確かめる必要があります。

仮性包茎とは、手術でもしない限り、日本人の誰もがなっている状態のことです。

しかし、「真性包茎」や「カントン」包茎と呼ばれるものは、稀にある病状です。

包茎の種類  真性包茎・カントン包茎

まずは、包茎の状態について簡単に説明します。

  • 真性包茎:真性包茎とは、皮の口が細いためにまったく剥けない状態のことです。自分の手でも剥けない包茎を「真性包茎」といいます。
  • カントン包茎:カントン包茎とは、真性包茎と同じく皮の口が細いために、剥けても皮によって締め付けられてしまう状態のことです。

「真性包茎」も「カントン包茎」も、原因は皮の口が細いために起こる病状です。

性行為にも弊害があり、先天的な病気であるので、恥ずかしがらずに泌尿器科で手術をしましょう。自分で治す手段はありません。

保険適応もできるので、国によって病気と認められている包茎の種類です。泌尿器科であれば、包茎手術をできない先生はいません。

医師としては、「包茎手術」は基本的で簡単な手術です。(料金は、保険適用で1万円以下。)

日帰りで手術もできるので、「真性包茎」や「カントン包茎」に疑いがあるなら早急にお近くの泌尿器科へ行きましょう。

要注意
「真性包茎」や「カントン包茎」のひとは、美容外科(クリニック)ではなく、泌尿器科で受けましょう。
泌尿器科で1万円以下でできる手術を、美容外科では数十万円~数百万円も請求してきます。手術の内容は同じなので、騙されずに泌尿器科で手術をしてください。
オイモさん
男性器のコンプレックスを利用して、詐欺行為を繰り返す美容外科が多くあります。〇〇クリニックという男性器専門の美容外科は、行く必要ありません。

仮性包茎とは?

病気と認められている「真性包茎」や「カントン包茎」と違い、「仮性包茎」は病気ではありません。

勃起時にしっかりと剥けている・手で剥くことができるけど、通常時に皮を被ってしまっていることです。

仮性包茎は、子作りにおいても何の問題もありません。ただ、皮が少しだけ長いだけです。

手術でもしない限り、ほとんどの人が仮性包茎です。何も問題はないので、気にする必要はありません。

仮性包茎は恥ずかしい?

しかし、なぜ何も問題がないはずの仮性包茎が「悪」とされているのでしょうか?

それは、仮性包茎が「子どものちん○ん」みたいで、ダサいとされているからです。

剥けていないと、なんか恥ずかしいですよね。カスも溜まりやすいので、臭くもなりやすいです。

「仮性包茎は病気でなないから問題ない!」というのは、あくまでも医師からの視点です。

実際に多くの仮性包茎の男性が、その「恥ずかしさ」に悩まされています。これは、「医学的」なことではなく「文化的」な原因です。

キヨキヨ
わたしも仮性包茎を恥ずかしく思ってきました。何も悪くはないとはわかっていたのですが、実際に手術をして治しました。

日本人男性のほとんどが包茎!

仮性包茎の治し方のまえに、「日本人男性のほとんどが仮性包茎である」という事実に触れます。

実は、「仮性包茎」は医学的に「包茎」ではありません。「仮性包茎」なんて言葉があるのは、日本だけです。

そもそも、「包茎」とは、皮の口が細いために勃ったときにも皮が剥けない状態のことを言います。

包茎とは、あくまでも性行為において問題がある病気の状態のことを指すのです。

しかし、日本ではなぜか通常時に剥けないことを「仮性包茎」として、包茎の種類としてまとめられています。

実際に、海外では「仮性包茎」を馬鹿にする文化はどこの国にもありません。何も問題ないからです。

竿のサイズを馬鹿にすることはあるかもしれませんが、仮性包茎は一般的ではないので馬鹿にする理由がないのです。

実際に、手術もせずに「ズルムケ」と言われる状態の男性は珍しいのです。ほとんどのひとは、「仮性包茎」です。

オイモさん
仮性包茎は、医学的に「包茎」ではありません。しかし、なぜか日本では「恥ずかしい」ものとする風潮があるのです。不思議な話です。

次の動画で、「日本人はみな仮性包茎」ということについても言及しました。ぜひ、参照してみてください。

仮性包茎の治し方!仮性包茎とズルムケの違い

先ほどの動画でも説明しましたが、仮性包茎(通常時に亀頭が皮を被っている)になるには理由があります。

手術でもしない限り、実は陰茎の皮は誰もが長いのです。そこで大事なのは、「亀頭と竿の大きさの比較」になります。

お風呂やサウナで、よーく「仮性包茎」と「ズルムケ」のひとの違いを確認してみてください。

いわゆる「仮性包茎」だと言われている人は、亀頭が竿に対して小さいのです。先細りしているから、皮が被ってしまいます。

対して、「ズルムケ」と言われる人たちは、竿に対して亀頭が大きいのです。

亀頭が大きいと、包皮が亀頭にせき止められるので、「ズルムケ」な状態になります。

つまり、「仮性包茎」と「ズルムケ」の違いは、皮の長さではありません。「竿に対する亀頭の大きさ」なのです。

仮性包茎とズルムケの違い

仮性包茎とズルムケの違い

亀頭を大きくすれば包茎は治る!

なので、手術をしなくても、亀頭を大きくすれば仮性包茎は治ります。

亀頭を大きくするには、皮を常に剥いている状態にして、刺激に晒す必要があります。

オイモさん
「はじめは痛いかもしれませんが、次第に慣れていきます。中学生や高校生など、皮が伸び切らない早い段階から剥いておくと、包茎が治る可能性は高いんです。

常に、自分で皮を剥いておくことが大切です。でも、実生活の中で剥き続けるのはとても難しいことですよね。

そこで、「仮性包茎補助テープ」の利用をオススメします。テープで固定することで、24時間剥きつづけられるのです。

仮性包茎を治す道具はいろいろありますが、こちらの医療用のテープが安全でオススメです。



仮性包対策ができる「医療用」のテープは、MUKETEだけです。テープだと毎日交換できるので、清潔に感染症を防ぐことができます。

オイモさん
MUKETEは、amazonや楽天でも販売しています。しかし、amazonや楽天では、返品された商品が送られてきたり、中国の業者などもあるのでオススメできません。

値段も安くて安全なので、公式サイトからの購入をオススメします。

公式サイト:仮性包茎補助テープならMUKETE

※こちらは、amazonや楽天のリンクです。一応、貼っておきます。

キヨキヨ
仮性包茎対策は、気がついたときにするのがベストです。皮が伸び切ると手術が必要になるので、早速テープで固定する習慣をつけましょう。

皮が伸び切ったら包茎手術するしかない

ただ、MUKETE(仮性包茎固定テープ)で仮性包茎が治せるのは、皮が伸び切っていないうちです。

知らずに「皮オナ○ー」を繰り返していると、テープでは治せない状態となってしまいます。

皮が伸び切ってしまうと、もう手術で治すしかありません。「真性包茎」や「カントン包茎」と同様に、オペで皮を切りましょう。

ただ、手術は手間がかかるし、痛いし、怖いです。仮性包茎の手術を決断する前に、医療用テープの利用を試してみましょう。

仮性包茎を手術するには?

では、仮性包茎の手術に関してお話します。伸び切ってしまった皮は、切ってしまうしかありません。

わたしも、自分が仮性包茎だと気がついたときには、すでに手遅れでした。

小さい頃に、誰か大人が皮を剥いておくように言ってくれればいいのですがね・・・。保険の授業でやってほしかった。

しかし、そうも言ってられません。伸び切った皮は、手術するしかないのです。

仮性包茎を手術するには、3通りあります。

  • 泌尿器科で手術する
  • 美容外科で手術する
  • 男性器専門のクリニックで手術する

です。

泌尿器科で仮性包茎を治す

泌尿器科とは、全国どこにでもある病院です。大学病院もあれば、開業医として地域の医者などもいますね。

実は、泌尿器科でも仮性包茎は自費治療として手術できるのです。

大学病院の泌尿器科ではわかりませんが、開業医であれば自費治療として仮性包茎でも手術できるはずです。

そもそも、泌尿器科を専門とする医者として「包茎手術」は、基本的なオペです。簡単な部類に入ります。

また、「真性包茎」や「カントン包茎」であれば、泌尿器科の医者は絶対に手術しなければいけません。「病気」ですから。

「真性包茎」や「カントン包茎」だけでなく、「仮性包茎」でも、包茎手術の手順に変わりはありません。内容は同じです。

保険適応ができないので自費治療となりますが、「仮性包茎」でも泌尿器科で手術できるのです。

金額については病院によって様々です。ホームページに公表している医者から、直接聞く必要がある場合もあります。

相場は、安くて5万円~です。包茎手術は簡単なオペなので、10万取る医者はお金目的だと思ってください。

手術にうまいもヘタもありません。まずは近所の泌尿器科の先生にオペしてもらえるか聞いてみましょう。

キヨキヨ
わたしは、いくつかの医師に電話やメールで問い合わせてみました。その中で、もっとも安い金額を提示してくれた医師にお願いしました。
注意
最近では、泌尿器科でも金儲けを企んでいる医師が目立ちます。仮性包茎の手術は、自費治療でも6~8万円ていどです。10万円以上を取ってくる医師は、拝金主義者だと思ってください。実際に、30分の手術で10万現金が入る わけですから、包茎手術はガッポリと儲けられるのです。

美容外科で仮性包茎を手術する

美容外科でも包茎手術ができます。美容外科とは、いわゆる「高須クリニック」などのことです。

美容外科は、脂肪吸引や二重整形などもしますが、包茎手術もしています。

わたしは、美容外科での包茎手術はオススメしません。理由は、高額だからです。

美容外科での包茎手術は、12万円~でしょうか。いろいろなオプションも勧めてくるので、もっと高額になる可能性があります。

美容外科は、「こういう手術の方法がキレイに仕上がる」と言ってきますが、あまり変わらないので大丈夫です。

わたしは、泌尿器科で仮性包茎を治しましたが、ぜんぜんキレイな仕上がりです。オプションなんて不要です。

「高須クリニック」や「湘南美容外科」など、いろいろなクリニックがありますが、包茎手術は泌尿器科でするのがオススメです。

男性器専門クリニックで仮性包茎を治す

最後に紹介するのが、男性器を専門としているクリニックです。

有名どころでいうと、上野クリニックやABCクリニックなどがありますね。包茎手術の広告は、こういうところが大半です。

正直、男性器を専門としたクリニックでの包茎手術は、わたしは絶対にオススメしません。

「どこのクリニックもすべて悪」とは言いませんが、悪い噂が後を絶ちたないからです。

先にも言いましたが、仮性包茎は泌尿器科でも自費治療として手術することができます。

きちんとお仕事をしている泌尿器科の先生にお願いしましょう。包茎手術を専門とする医者なんて、おかしな話です。

1万円以下で仮性包茎を治す方法とは?

裏技なのですが、実は安全に1万円以下で仮性包茎を治せる方法があるのです。

それは、泌尿器科で仮性包茎を保険適応で手術してもらうことです。

仮性包茎は病気ではないので、保険が適応されません。しかし、どうやって保険適応で仮性包茎を治せるのでしょうか?

それは、泌尿器科の先生が「保険でやってあげるよ」と判断した場合です。

動画でも説明していますので、ぜひご参考にしてみてください。

仮性包茎でも保険適応で手術してもらえた!

わたしが、仮性包茎でも包茎手術をしたのは、当時付き合っていた外人の彼女に「皮を切れ!」と言われたからです。

海外では、国によっては包茎手術を子供の頃にするところもあります。皮が長い仮性包茎のわたしは、不潔に見えたそうです。

ちょうど「一皮むけたい」と感じたわたしは、包茎手術を決意しました。

しかし、美容整形外科は怪しいところが多いです。電話口でも、詐欺る気満々の声を何度も聞きました。

そこで、自費治療で仮性包茎でも包茎手術をしてくれる泌尿器科を探しまくりました。その中で、もっとも安く金額を提示してくれたお医者さんのところに行きました。

診察のときにわたしは、

キヨキヨ
外人の彼女がいて、彼女の国の文化的に、「皮を切らないと結婚できない」と言われました。仮性包茎は病気ではないと理解していますが、どうしても手術をしなくてはいけないのです。
と、正直に伝えました。

すると先生の方から、「そうなんだ。かわいそうだから、保険適応にしてあげるよ」と言ってくれたのです。

おかげさまで、1万円以下で仮性包茎でも手術できました。結局、保険を使うか・使わないかなんていうのは、医者のさじ加減です。

なので、「勃つと痛いんです」とか「やむおえない事情があって・・・」といえば、もしかしたら保険適応で包茎手術ができるかもしれません。

この事実があまりにも珍しいと感じたので、電子書籍でも発売しました。「秋風りく」で発売しましたが、著者はわたしです。

オイモさん
よく肩こりや腰痛で接骨院でマッサージをしてもらう人がいますね。慢性的な腰痛は保険適応できないのに、普通に診療してますからね。

あれと同じで、要は医者が保険適応と判断すればいいのです。うまくいけば、保険適応のお値段で手術してくれるかもしれません。

ちょっとした裏技というか、わたしがラッキーなだけだったのかもしれません。

いずれにしても、仮性包茎の手術も泌尿器科ですることを強く推奨します。大事な部分なので、安全なのが一番です。

包茎手術の種類:環状切開法(クランプ法)と根本切開法

包茎手術には、いろいろな種類があります。美容外科では、あらゆる手術法を提示して高額を請求してきます。

正直、どの方法をとっても同じであろうというのがわたしの持論です。

商売のためにいろんなクリニックがいろんなことを言いますが、傷跡なんてそんなに目立つものでもありまません。

わたしが手術をした泌尿器科では、亀頭直下を切開する「環状切開法」と「根本切開法」があると言われました。

料金は同じだったので、わたしは根本切開法を手術しました。手術したのは数年前ですが、傷跡がバレたことは一度もありません。

環状切開法がベーシックな手術だと言われていますが、泌尿器科でも「根本切開法」が利用できるでしょう。

包茎手術でツートンカラーになる?

美容整形外科の紹介では、よく「ツートンカラーになるからこの手術法にしましょう」と高額なものを提示してきます。

手術前には、わたしも焦りました。「ツートンカラーになったら、恥ずかしいのかな・・・」と。

しかし、実際に手術してみましたが、ツートンカラーなんて起きていません。あれは、高い手術方法をさせたいがための宣伝文句です。

どんな手術方法だろうが皮を切るのですから、傷跡が残るのは当たり前です。

キヨキヨ

包茎手術の傷跡なんてぜんぜん目立たないので、気にしないでください。

繰り返しますが、今まで一度も手術したのをバレたことはありません。まずは、お近くの泌尿器科に診察に行ってみてください。

包茎手術の術後について  痛み・痒み・傷跡について

最後に、包茎手術の術後について説明します。

ネットで探しても、クリニックのクソみたいな広告ばかりで、実際の「手術体験談」みたいなのは少ないです。

包茎手術後の痛みについて

まずは、包茎手術の痛みについてです。手術は麻酔をするので痛くないです。30分くらいで終わります。

麻酔が切れると、患部が痛くなります。手術当日はけっこう痛かったと覚えています。

「死ぬほど痛い!」というものではなく、じんじんと痛みがあるくらいです。

また、勃つと傷口が痛みます。一週間くらいは痛むので注意が必要です。

一ヶ月ほどは皮が突っ張るような感覚がありますが、すぐに慣れてきます。もう2年ほど経ちましたが、なんの問題もありません。

包茎手術後の痒みについて

包茎手術で一番つらかったのは、痒みです。痛みよりも痒いのが苦しかったです。

手術してから2日から3日経ったくらいに、傷が治る過程のせいか急激に痒くなりました。

2日くらいは死ぬほど痒かったですね・・・。皮をつねったりして、なんとか痒みを抑えましたが。

もともと、傷が治る過程では痒みというものは出てしまいます。特に、股間は感覚が鋭いので、痒みも鋭いのです。

しかし、苦しい痒みも2日も経てば収まります。一時的なものでしたが、めちゃくちゃ苦しかったです。

包茎手術後のエッチは?

わたしが当時付き合っていた彼女とエッチできたのは、手術してから一ヶ月後くらいですね。

まだ突っ張った感覚は少しありましたが、「もうできるだろう」という感じがありました。

べつに、なにも変わりなかったです。感度が上がることも落ちることもありません。

ただ、カスが溜まらないので、臭くはなくなります。包茎手術の重要なメリットですね。

包茎手術で早漏が治る?

「包茎手術で早漏が治る」と言われていますね。たしかに、刺激に慣れるので早漏が改善される可能性はあります。

でも、早漏の原因は、包茎だけではありません。仮性包茎でも、コントロールできる男性もいます。

早漏を治したいのであれば、包茎手術するのもいですが、女性との経験を増やすのがいいですね。

しっかりと恋人を作って回数を重ねれば、早漏なんてすぐに治りますよ。

彼女がほしい・パートナーが欲しいなら、Omiaiというアプリがオススメです。かわいい子だらけで、すぐに彼女ができます。

また、早漏の改善方法について動画でも説明しました。よかったら、見てください。

美容外科(クリニック)での仮性包茎手術は絶対にオススメしない!

最後に、包茎クリニックでの手術は絶対にオススメできないと、強く言っておきます。

「手術前に脅されて、近くの消費者ローンを組むほどの借金をさせられた。」「いろいろなオプションをつけさせられて、亀頭がグチャグチャになった。」

などなど、とんでもない噂がたくさんあります。(ちゃんとググれば、あらゆる話が出てきます)

まず、包茎手術だけを専門としてビジネスが成り立っていることをおかしいと思いませんか?

毎日のように「仮性包茎を治したい」と思う患者がクリニックに現れるのでしょうか?包茎手術を専門としているのはおかしな話です。

そもそも、医師免許を取得したようなひとが、男性器だけを専門としたクリニックで医者をしたいと思いますか?

包茎手術専門のクリニックなんて、ずいぶんと怪しい話です。大事な部分なので、きちんとした泌尿器科で手術しましょうね。

仮性包茎でも、まだ手遅れでない方はMUKETEがオススメです。医療用テープなので、安全です。



キヨキヨ
包茎手術について質問がある方は、コメント欄にて質問お待ちしております。

ひとりでも多くの方が、正しい情報で包茎を治せる社会にしたいですね!クリニックの詐欺行為に注意してください。




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です