(歌詞 和訳) Here comes the sun (ヒアカムズザサン) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles ジョージハリスン

『アビイ・ロード』(Abbey Road)

 SNSでシェアする  

この記事では、

The Beatles(ビートルズ )の名曲 Here comes the sun (ヒアカムズザサン)の歌詞の和訳を、

単語の意味と英文法の解説も交えながらご紹介したいと思います。

曲名: Here comes the sun (ヒアカムズザサン)
アーティスト名:The Beatles(ビートルズ)
発売日:1969年10月31日
収録アルバム:アビイ・ロード』(Abbey Road)

Here comes the sun (ヒアカムズザサン)の歌詞と和訳・直訳 ビートルズ The Beatles

Here comes the sun, here comes the sun
ここに日が昇るよ、ここに日が昇るよ

And I say it’s all right
大丈夫だと、ぼくは言う

Little darling, it’s been a long cold lonely winter
小さいダーリン ずっと、長く寂しくひとりぼっちの冬だった

it’s been (ずっと…だった) 

Little darling, it feels like years since it’s been here
小さいダーリン ここにきてから何年も経ったみたいだ

feel が動詞の場合は、I よりも it を使うケースが多い

Here comes the sun, here comes the sun
ここに日が昇るよ、ここに日が昇るよ

And I say it’s all right
大丈夫だと、ぼくは言う

Little darling, the smiles returning to the faces
小さいダーリン 笑顔が、その顔に戻っていく

Little darling, it feels like years since it’s been here
小さいダーリン ここにきてから何年も経ったみたいだ

Here comes the sun, here comes the sun
ここに日が昇るよ、ここに日が昇るよ

And I say it’s all right
大丈夫だと、ぼくは言う

Sun, sun, sun, here it comes
太陽、太陽、太陽がここにくるよ

Sun, sun, sun, here it comes
太陽、太陽、太陽がここにくるよ

Sun, sun, sun, here it comes
太陽、太陽、太陽がここにくるよ

Little darling, I feel that ice is slowly melting
小さいダーリン 氷がゆっくりと溶けていくように感じるよ

melting (溶ける)

Little darling, it feels like years since it’s been here
小さいダーリン ここにきてから何年も経ったみたいだ

Here comes the sun, here comes the sun
ここに日が昇るよ、ここに日が昇るよ

And I say it’s all right
大丈夫だと、ぼくは言う

Here comes the sun, here comes the sun
ここに日が昇るよ、ここに日が昇るよ

It’s all right, it’s all right
大丈夫だよ、大丈夫だよ

Here comes the sun (ヒアカムズザサン) 歌詞の意味と解説 ビートルズ The Beatles

 Here comes the sun (ヒアカムズザサン) は、伝説のアルバムアビイ・ロード』(Abbey Road)に収録されている曲です。

ビートルズといえば、ジョン・レノンとポール・マッカートニー作曲がほとんどですが、普段はリードギター担当であるジョージハリスンの作詞・作曲です。

 Here comes the sun の中では、ギターだけでなくリードボーカルもジョージが担当しています。アコギの音がキレイでいいですよね。

 Here comes the sun 作曲の経緯

 Here comes the sun は、アップルとの打ち合わせに疲れたジョージ・ハリスンが、親友のエリック・クラプトンの家に行ってできた曲です。

クラプトンの自宅中庭で、その年で初めての春の日差しを受けて、歌詞とメロディラインが自然と浮かんだそうです。

そのまま、クラプトンのアコースティック・ギターを借りて、庭を歩きながら曲を完成させたと言う逸話があります。だから、アコギの曲なのですね。

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンといえば、ひとりの女を巡って争いましたが、親友の仲として有名です。

ビートルズの作詞作曲といえば、ジョンレノンとポールマッカートニーですが、不思議と数少ないですがジョージは名曲を作ります。

Somethingと並んで、Here comes the sunも特に人気の曲です。ビートルズで好きな曲には、必ずトップ5にランクインされています。

(歌詞 和訳) Something (サムシング) 意味・英文法の解説 ビートルズ ジョージハリスン

また、歌詞の内容が(とてもシンプルなものですが)「冷たい冬が終わり、暖かい春がやってくる」と言うものだったので、四季の変化にうるさい日本人には特にウケたそうです。

ライブバージョンもあります。曲が始まるのは、30秒を過ぎたあとからです。

ピアノバージョンもあります。Here comes the sun はファンも多いので、無数のカバーがあります。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上の曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です