(歌詞 和訳) Help! (ヘルプ) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles

(歌詞 和訳) Help! (ヘルプ) 意味・英文法の解説 ビートルズ The Beatles

 SNSでシェアする  

この記事では、

The Beatles(ビートルズ )の名曲Help! ヘルプ  の歌詞の和訳を、

単語の意味と英文法の解説も交えながらご紹介したいと思います。

こちらは、MVの映像です。リンゴ・スターがドラムを叩くではなく傘を持っているだけなのが、シュールで最高に面白いです。

曲名:Help! (ヘルプ)
アーティスト名:The Beatles(ビートルズ)
発売日:1965年4月13日
収録アルバム:Help! (ヘルプ!4人はアイドル)

Help! ヘルプ の歌詞と和訳・直訳 ビートルズ The Beatles

Help! I need somebody
助けて、誰かが必要だよ。

Help! Not just anybody
助けて、誰でもいいというわけでもないよ

Help! You know I need someone
助けて、 だれかが必要なんだ

Help!
助けて!

(When) When I was younger (When I was young) so much younger than today
ぼくが、いまよりずっとずっと若かったとき

(I never need) I never needed anybody’s help in any way
誰かの助けなんて必要なことはなかった

(Now) But now these days are gone (These days are gone) and I’m not so self assured
でも、そんなときは過ぎ去り、今のぼくは自信がないんだ

be self assured (確信している) 


(And now I find) Now I find I’ve changed my mind, I’ve opened up the doors
今、ぼくの気持ちはすっかり変わったときがつき、心のドアを開けたんだ
change my mind(気持ちを変える)

Help me if you can, I’m feeling down
できるなら助けてほしい、ぼくは落ち込んでいるんだ

be (feeling) down=落ち込む


And I do appreciate you being ’round
きみがそばにいてくれるだけで、感謝している
being ’round(around)


Help me get my feet back on the ground
また立ち上がるために助けてほしい
get my feet back on the ground
getは使役動詞(〜をさせる)なので、ぼくの足(my feet)を地面の上に(on the ground)戻させる(back


Won’t you please, please help me?
頼むから、どうかどうか助けてほしい

(Now) And now my life has changed (My life has changed) in oh so many ways
いまでは、ぼくの人生は色んな方向へと変わった

(My independence) My independence seems to vanish in the haze
ぼくの自立心も影の中に消えたようで

to vanish(消える)
in the haze(影の中に)


(But) But ev’ry now (Every now and then) and then I feel so insecure
でも今は、よく安心できない気持ちになるんだ
insecure(不安だ) 

(I know that I) I know that I just need you like I’ve never done before
今まではなかったくらい、君のことが必要なのはわかってる

Help me if you can, I’m feeling down
できるなら助けてほしい、ぼくは落ち込んでいるんだ

And I do appreciate you being ’round
きみがそばにいてくれるだけで、感謝している

Help me get my feet back on the ground
また立ち上がるために助けてほしい

Won’t you please, please help me?
頼むから、どうかどうか助けてほしい

When I was younger, so much younger than today
昔、ぼくが今よりずっと若かった頃は

I never needed anybody’s help in any way
何をするにも誰かに助けを求めたことなんてなかったのに

(Now) But now these days are gone (These days are gone) and I’m not so self assured
でも、それももう昔のこと、今のぼくは自信を失いかけていて

(And now I find) Now I find I’ve changed my mind, I’ve opened up the doors
気がついたら気持ちが変わり、心の扉を開いていたんだ

Help me if you can, I’m feeling down
できるなら助けてほしい、ぼくは落ち込んでいるんだ

And I do appreciate you being ’round
きみがそばにいてくれるだけで、感謝している

Help me get my feet back on the ground
また立ち上がるために助けてほしい

Won’t you please, please help me?
頼むから、どうかどうか助けてほしい

Help me, help me
助けて、助けてよもう!

Ooh 

Help! ヘルプ  感想と解説 ビートルズ The Beatles

Help! は、ビートルズが発表した10枚目のオリジナル・シングル曲です。

レノン=マッカートニーの曲ですが、基本的な作詞作曲は、ジョン・レノンが担当しています。

リードボーカルは、ジョンです。ビートルズのリードボーカルは、作曲を担当した方が歌っています。

この頃のビートルズは、歌詞にもあるように「売れすぎて自分を見失っている」状態だったそうです。

売れすぎて精神的に不安定な時に、それをジョン・レノンが歌にしました。

こちらは、貴重なHelp! のライブ映像です。人気絶頂期のビートルズですが、少し大人っぽく見えますね。

牧歌的で生まれながらの詩人であるポールに対して、ジョン・レノンの歌はメッセージ性の強いものが多いです。

Help! も聞きやすい曲ではありますが、「助けて!ぼくらは自分たちを見失って疲れているんだ。」と言う、感情が主体の曲です。

Help!は映画にもなり、日本での副題は「Help! (4人はアイドル)」となっています。

まさに歌詞通りで、「4人はアイドルだから忙しいんだ。助けて!」と言う売れっ子アイドルとしての皮肉にも取れておもしろいですね。

Amazon Music Unlimited

今なら期間限定で、Amazon Music Unlimited  個人プランに30日間録無料で利用できます。

Amazonで6,500万以上の曲を聴いてみきましょう。音楽アプリの中では、ダントツの最安値です。

使い勝手も便利でオススメです。いつでも解約できるので、試しにご利用ください。

>>>アマゾンミュージック公式ページ

 




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です