吐くダイエットに成功 吐く方法と嘔吐ダイエット効果

吐いて痩せようとする女性

 SNSでシェアする  

吐くダイエットに成功!嘔吐ダイエットの効果と吐く方法

「嘔吐ダイエット」には正しく吐いて痩せる方法があります。

「吐くダイエット」は体に負担がかかります。だからこそ、吐く方法やダイエット期間が大事になります。

「吐いて痩せる」に成功したわたしが、「吐くダイエット」の成功事例を紹介します。

また、「吐く方法」を正しく知らないと、身体を内側から傷つけてしまいます。まさか、指を喉につっこんでいませんか?

大切な身体をダイエットで壊さないように「正しい吐く方法」を学びましょう。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)に成功しました

わたしは以前、どうしても痩せられない状況にあり「吐いて痩せる」ことを決意しました。

それは、嘔吐ダイエットしか他に方法が見当たらない状況にあったからです。

ブクブクと太っていく体に危機感を覚え、吐くしかないと思いました。

絶対に、本気で、どうしても痩せたかった。そんな強い気持ちで選んだのが「嘔吐ダイエット」でした。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)の効果

嘔吐ダイエットの効果は、胃が荒れることで食欲がなくなることです。

ダイエットには、食事制限がつきもの。どんな理由であれ、食事を減らすとダイエットに成功します。

どんなに運動しようが、食べ過ぎていたら痩せることはありません。

もし、あなたが食べ過ぎているなら、「食欲」をなんとかコントロールしなければいけない。

ここで、吐くダイエットの出番です。「食欲を抑える」という点のみ、吐くダイエットには効果があります。

ただ、胃が荒れすぎると病気になってしまいますので、短期間のうちに胃を小さくすることが重要です。

吐く方法 ダイエット

気になる「吐く方法」ですが、決して喉に指をツッコむことはしないでください。

ただでさえ胃を悪くするのに、喉までを傷つけてしまいます。非常に危険なので、絶対にしないでください。

「吐くダイエット」で重要なのは、食べ過ぎた分だけを吐き出すことです。

オススメの吐く方法は、トイレの奥底をじーっと眺めること。食べ過ぎであれば、自然と吐けます。

トイレで吐く

 

食べ過ぎた分だけを吐きましょう。自然に吐ける分だけで、十分に効果がありますからね。

そもそも「食べ過ぎ」は体に悪いので、食べ過ぎた分を吐き出すことは体にとってもいいことです。

健康のために、あなたの体の声を聞いてください。食べ過ぎてしまい、吐きたい場合だけ吐きましょう。

それでも吐けない人は、トイレを覗きながら胃(下っ腹)を軽く押してあげましょう。

胃に食べ物が溜まっていると、そこを直接刺激してあげれば吐きやすくなります。

吐き過ぎると逆流性胃腸炎になる

吐くことに慣れると、「食べ過ぎては吐く」を繰り返すようなってしまいます。

特に、食欲への誘惑に勝った気持ちになるので、「嘔吐ダイエット」はクセになってしまうのです。

しかし、吐けば吐くだけ胃は傷つき、胃液が喉の方まで上がってきてしまいます。いわゆる、逆流性食道炎です。

わたしは以前、食べては吐いてを繰り返している時期があり、吐きすぎた結果として胃の手術一歩手前までなりました。

そんなとき、医師から処方された薬よりも頼りになったのが【第2類医薬品】パンシロンキュアSP錠 です。

市販の有名な胃薬とは違って、こちらは「胃酸逆流」に効果がある唯一の胃薬です。じわっと、傷ついた胃に効きます・・・。

「吐いて痩せる」を試すのであれば、常備しておいた方が体のためです。わたしは、吐くたびに飲むようにしています。

たかがダイエットですが、健康を害する可能性は十分にあります。日頃からの管理をしっかりしましょう。

嘔吐ダイエットの後にはダイエットシェイク

食べ過ぎた分だけ吐くといっても、吐いて傷ついた胃を治すには時間がかかります。

また、胃が荒れている状態で食事を取らない方がいいです。傷ついた繊細な胃は、普通の食事でも傷口を深くします。

吐いたあとは、ビタミンが豊富で消化にいいものを摂取するのがいいでしょう。もちろん、カロリーが低いもので。

ゼリーやお粥もいいですが、一番のオススメは「井藤漢方製薬 ダイエットシェイク」です。

「吐いた後なので食欲はないけど、体のためにビタミンは取りたい」と言う思いにピッタリでした。

Amazonで圧倒的な人気だったので買ってみました。安いし、味もおいしいし、ダイエット中の空腹感も満たされます。

また、「井藤漢方製薬」と言う漢方系のメーカーが作っているので、ビタミン・バランスの配慮に信頼できました。

いつもの食事の代わりとしては物足りないかもしれませんが、吐いた後にはとても良かったです。今でも、続けて飲んでいます。

他のダイエット食品と比べてずっと安いし、何より痩せる効果があります。体は資本ですから、健康にダイエットしましょう。

「食べることを止められない」食べ物には依存性がある

嘔吐ダイエット」は、どんな人に向いているダイエット方法なのでしょうか。

ダイエットにはいくらでも方法があります。ラクで簡単に痩せられる方法があるなら、そちらを選びましょう。

でも「食べることを止められない人」は、吐くダイエットが効果が期待されます。

食事や間食が、やめられない、とまらない・・・過食になってしまった人は嘔吐ダイエットを考えましょう。

そもそも、食べ物には依存性があります。砂糖も、麦も、米も、塩にも、化学調味料にも依存性があります。

また、好きな食べ物ほど「依存している食品」になっている可能性が高い。

甘いものが止められない人は多い。わたしは、スーパーのお惣菜に依存していました(ダサい)

8時過ぎると近くのスーパーでタイムセールスが始まり、半額になった揚げ物を買い物カゴに入れていきました。

揚げ物を毎日食べていたせいで、毎日0.5キロずつ太って行きます。取り返しがつかない・・・

頭で「止めろ」とわかっているのに、バクバクと食べ過ぎてしまう禁断症状。あの依存感覚は、恐怖でした。

吐くダイエットをするのに効果があるもの

運動しても、食べ過ぎを止めないと痩せない

いくら運動しても、食べることをやめなければ痩せません。わたしも運動量を増やそうと、1日に2回プールに通いました。

ヘトヘトに疲れているのに、一向に減らない体重。毎日2回も水泳する人が毎日太っていく怪奇現象。

なぜなら、食事制限ができなかったから。お惣菜を食べる日々を超えられなかったから。

いくら運動しても、ダイエットには限界があります。

一番有効なダイエットは、太るものを食べ過ぎないことです。

過食を止めたいなら三日間だけオエッと嘔吐しよう

そんな状況をどうしても打破したいのであれば、3日間だけオエッと吐いてしまいましょう。

「食べることがやめられない人」には、食べたものを吐き出すことが非常に効果があります。

「お惣菜人間」に成り下がったわたしも、胃の中にあるもの全て吐きだしました。

狂っていたわたしは、それでも唐揚げをむしゃむしゃ食べつづけます。

オエッ、むしゃむしゃ、オエッ、むしゃむしゃを繰り返していくと、

胃がボロボロになり、物理的に食欲を抑えることができました。なんとしても、過食を止めたかった。

とにかく、狂ったように食べ過ぎる自分を止めなければいけない。

「吐いて痩せる」は極端なことですが、ダイエットの初めの一歩が踏み出せます。

食べ過ぎを抑えられないあなた。いっそのこと、最初の3日だけ全部吐き出して見たらいかがですか?

嘔吐ダイエットは危険?モデルが吐いてまで痩せる理由

一応言っておきますが、吐いて痩せるダイエットはもちろん危険です

体を壊してまで、痩せたい理由はありますか?

わたしは自分が食べ過ぎてしまうという恐怖感に襲われて、食欲を抑えるためにやむをえなく吐きました。

これといって大きな理由がない限り、できる範囲でコツコツとダイエットを始めてください。

ダイエットの原則は、継続と健康です。吐くダイエットは、継続できないし不健康です。

では、なぜモデルさんたちは吐いてまで痩せたいのでしょうか。

それは、モデルが「太ることを許されない職業」だからです。太ると職を失う、という崖っぷちにいます。

胸に手を当てて、あなたが吐いてまで痩せる理由があるか聴いてみてください。

わたしは、どうしても過食を止めたかった。だから、実行しました。もう二度としたくありません。

さいごに

太ってることは、悪いことではありません。

でも、ダイエットできると自信がつきます。体が軽いと、頭も働くしフットワークも軽くなります。

そして、健康であることは素晴らしい。無理をしないで、徐々にダイエットしていきましょうね。

食べ過ぎてしまうなら、気合いを入れて吐いてみてもいいかもしれません。ただ、健康を害さないように吐く回数は減らしましょう。

継続して吐き続けると、いつか体を壊してしまいます。体を壊す前に、置き換えダイエットに挑戦してみましょう。

オススメは、「井藤漢方製薬 ダイエットシェイク」です。とにかく、安く健康的に減量することができます。

健康的なダイエット食品を摂取していると、自然と体が油っぽいもの・甘いものを受け付けなくなります。

ダイエットには、長期的かつ健康的な目線を持ちましょう。ご自身のお身体を、いたわってあげてください。

オートミールダイエット効果 そのままはまずいから豆乳ヨーグルト グラノーラ 簡単 おいしいレシピ

2018.08.27

豆腐ダイエット 豆腐を主食に痩せる 木綿腹持ち効果と簡単置き換えレシピ

2018.08.26




▼この記事をSNSでシェアする▼