吐くダイエットに成功 吐く方法と嘔吐ダイエット効果 健康的に痩せるために

吐いて痩せようとする女性

 SNSでシェアする  

「嘔吐ダイエット」には、正しく吐いて痩せる方法があります。

「吐くダイエット」は体に負担がかかります。だからこそ、吐く方法やダイエット期間が大事になります。

「吐いて痩せる」に成功したわたしが、「吐くダイエット」の成功事例を紹介します。

「吐く方法」を正しく知らないと、身体を内側から傷つけてしまいます。まさか、指を喉につっこんでいませんか?

大切な身体をダイエットで壊さないように「正しい吐く方法」を学びましょう。

また、嘔吐ダイエットは即効性はありますが、長く継続できるダイエット方法ではありません。

なので、「吐く方法」を紹介したあとには、健康的に長期的に痩せる方法をご紹介します。体の内側から美しくなりましょう。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)に成功しました

わたしは以前、どうしても痩せられない状況にあり「吐いて痩せる」ことを決意しました。

それは、嘔吐ダイエットしか他に方法が見当たらない状況にあったからです。

ブクブクと太っていく体に危機感を覚え、吐くしかないと思いました。

絶対に、本気で、どうしても痩せたかった。そんな強い気持ちで選んだのが「嘔吐ダイエット」でした。

吐く方法 ダイエット

気になる「吐く方法」ですが、決して喉に指をツッコむことはしないでください。

ただでさえ胃を悪くするのに、喉までを傷つけてしまいます。非常に危険なので、絶対にしないでください。

「吐くダイエット」で重要なのは、食べ過ぎた分だけを吐き出すことです。

オススメの吐く方法は、トイレの奥底をじーっと眺めること。食べ過ぎであれば、自然と吐けます。

トイレで吐く

 

食べ過ぎた分だけを吐きましょう。自然に吐ける分だけで、十分に効果がありますからね。

そもそも「食べ過ぎ」は体に悪いので、食べ過ぎた分を吐き出すことは体にとってもいいことです。

健康のために、あなたの体の声を聞いてください。食べ過ぎてしまい、吐きたい場合だけ吐きましょう。

食べ過ぎた分以上に吐いてしまうと、体調を壊してしまうので気をつけてください。

それでも吐けない人は、トイレを覗きながら胃(下っ腹)を軽く押してあげましょう。

下っ腹を押しながら、トイレの奥を覗き込んで、吐ける量だけを吐きましょう。

胃に食べ物が溜まっていると、そこを直接刺激してあげれば吐きやすくなります。

吐き過ぎると逆流性胃腸炎になる

吐くことに慣れると、「食べ過ぎては吐く」を繰り返すようなってしまいます。

特に、食欲への誘惑に勝った気持ちになるので、「嘔吐ダイエット」はクセになってしまうのです。

しかし、吐けば吐くだけ胃は傷つき、胃液が喉の方まで上がってきてしまいます。いわゆる、逆流性食道炎です。

わたしは以前、食べては吐いてを繰り返している時期があり、吐きすぎた結果として胃の手術一歩手前までなりました。

そんなとき、医師から処方された薬よりも頼りになったのが【第2類医薬品】パンシロンキュアSP錠 です。

市販の有名な胃薬とは違って、こちらは「胃酸逆流」に効果がある唯一の胃薬です。じわっと、傷ついた胃に効きます・・・。

「吐いて痩せる」を試すのであれば、常備しておいた方が体のためです。わたしは、吐くたびに飲むようにしています。

たかがダイエットですが、健康を害する可能性は十分にあります。日頃からの管理をしっかりしましょう。

嘔吐ダイエットの後にはダイエットシェイク

食べ過ぎた分だけ吐くといっても、吐いて傷ついた胃を治すには時間がかかります。

また、胃が荒れている状態で食事を取らない方がいいです。傷ついた繊細な胃は、普通の食事でも傷口を深くします。

吐いたあとは、ビタミンが豊富で消化にいいものを摂取するのがいいでしょう。もちろん、カロリーが低いもので。

ゼリーやお粥もいいですが、一番のオススメは「井藤漢方製薬 ダイエットシェイク」です。

「吐いた後なので食欲はないけど、体のためにビタミンは取りたい」と言う思いにピッタリでした。

Amazonで圧倒的な人気だったので買ってみました。安いし、味もおいしいし、ダイエット中の空腹感も満たされます。

また、「井藤漢方製薬」と言う漢方系のメーカーが作っているので、ビタミン・バランスの配慮に信頼できました。

いつもの食事の代わりとしては物足りないかもしれませんが、吐いた後にはとても良かったです。今でも、続けて飲んでいます。

他のダイエット食品と比べてずっと安いし、何より痩せる効果があります。体は資本ですから、健康にダイエットしましょう。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)の効果と必要な状況

嘔吐ダイエットは、あらゆるダイエット方法の中でも推奨されるようなものではありません。

しかし、ある状況においては非常に効果があります。吐くダイエットが必要な状況とは、

  • 短期間のうちに痩せる必要がある
  • 「食べ過ぎ」が止められないときに気合を入れるため

です。

短期間で痩せる必要がある

短期間のうちに痩せなければいけないのであれば、嘔吐ダイエットは確実に効果があります。

嘔吐ダイエットといえば、モデルさんが挙げられますよね。彼女たちは、吐いてでも痩せる理由があるのです。

「この日までにこれくらい痩せていないと、仕事がもらえない」というのであれば、仕方がないことです。

仕事や夢が痩せていることに直結しているのであれば、吐いて痩せることも時には必要となるでしょう。

モデルの他にも、ボクサーなど「計測日までに体重を減らさないと試合に出られない」という人もいます。

そのように、短期間のうちに急いで痩せる必要がある場合には、嘔吐ダイエットは効果的です。

「食べ過ぎ」が止められないときに気合を入れる

嘔吐ダイエットのもう一つの効果は、胃が荒れることで食欲がなくなることです。

ダイエットには、食事制限がつきもの。どんな理由であれ、食事を減らすとダイエットに成功します。

どんなに運動しようが、食べ過ぎていたら痩せることはありません。

もし、あなたが食べ過ぎているなら、「食欲」をなんとかコントロールしなければいけない。

ここで、吐くダイエットの出番です。「食欲を抑える」という点で、吐くダイエットはとても効果があります。

食べたものを吐き出すことによって、一時的に胃を傷つけられるからです。

そして、傷ついた胃は食べ物を受け付けなくなるので、次第に「食欲」も抑えられていきます。

吐いて痩せる

揚げ物を食べることを止められなかった日々

わたしも、「食べ過ぎ」を抑えることができない日々が続いていた時期があります。揚げ物です。

スーパーのタイムセールに足を運び、揚げ物を毎晩買って食べていました。もちろん、きちんと夕食を食べた後です。

心当たりのある方もいるとは思いますが、食べてはいけないとわかっているのに、食べ過ぎてしまう恐ろしい感覚。

その時期は、ほぼ毎日水泳に通っていましたが、体重はぐんぐん増加していました。

いくら運動しても、食べ過ぎを止めなければ、痩せることはありえません。

そこで、食べ過ぎてしまう自分に気合を入れるため、食べたものを吐き出すことにしました。

揚げ物を買って口に入れることは、止められませんでした。なので、胃に入れたものを吐き出すことを決意したのです。

辛かったですが、それを十日ほど繰り返しました。胃が荒れたせいか、次第に食欲も減退し、禁断症状もなくなりました。

その後は、食生活に気をつけることを意識して、継続的にダイエットに成功しています。

このように、食べ過ぎを止めるということであれば、嘔吐ダイエットは絶大な効果があります。

ただ、胃が荒れすぎると病気になってしまいますので、短期間のうちに胃を小さくすることが重要です。

吐くダイエット(嘔吐ダイエット)は最大2週間を目安に

ダイエットの成功原則は、コツコツと継続できることにあります。

「一ヶ月で10キロ痩せた」というような宣伝文句に騙されてはいけません。結果を焦ると、健康に被害を及ぼします。

嘔吐ダイエットや極端な食事制限は、短期間で痩せられる唯一のダイエット方法です。

しかし、こうした短期間で急激に痩せられるダイエット方法には、必ず健康への副作用が含まれています。

短期間で一気に痩せた後は、長い目で見て美しく健康的に痩せられるダイエット方法にシフトしていきましょう。

嘔吐ダイエットの最大期間は、個人差もありますが2週間を目安としてください。

1ヶ月以上も毎日吐き続けると、内臓のどこかしらに異変が起きてしまっているかもしれません。

長い目で、より美しく健康的な体を作りましょう。真の美しさは、体の内側から出てくるのものです。

健康的に痩せるために筋トレとストレッチ効果あり

健康的にダイエットするには、食事制限だけではいけません。運動嫌いなあなたも、適度に体を動かすようにしましょう。

ここで大事なのは、無理に激しいスポーツをしなくてもいい、ということです。

有酸素運動をしないと、ダイエットは成功しないと思っていませんか? 実は、そんなこともないのです。

毎日何キロもジョギングしたり、仕事帰りにプールに通いつめる必要もありません。

体を柔らかくしたり、軽く筋力トレーニングをすることも、健康的に痩せる秘訣なのです。

太らない体質作りがダイエットの鍵

その点から、わたしはジョギングやエアロビクスよりも、筋トレとストレッチをオススメします。ヨガでもいいです。

要するに、太りにくい・脂肪が付きにくい体質を先に作るのです。そのためには、柔軟と筋トレが一番です。

実際に、わたしもなんとか痩せようと毎日何キロも走ったり、自転車を漕いだりしていました。

しかし、一向に痩せることもなく、理想の体へと近づかない距離に悩んでいました。

そこで、筋トレとストレッチが太らない体作りに効果があると耳にして、始めてみました。それ以来、太りにくくなりました。

体が柔らかいひとは脂肪がつきにくく、筋肉がある人は食べた脂質が筋肉に吸収されていくので太りにくいのです。

太ることを気にして、少し食べ過ぎただけでも吐き続けてたわたしですが、体質改善に取り組んでからは気が楽になりました。

もちろん、有酸素運動もダイエットに効果があります。筋トレ・ヨガと、並行してできると効果は絶大です。

自分にとって、続けやすいものを選びましょう。ダイエットは、継続が大事です。

健康的に痩せるために筋トレとストレッチ効果あり

健康的に痩せるには主食置き換えダイエット

ダイエットの基本は、太るものを食べないことです。太るものといえば、油っぽいものと炭水化物があります。

注意したいのは、炭水化物です。油分であれば気をつけやすいですが、ご飯やパンは「主食」として食事に出てきます。

炭水化物は「主食」であるのに、とても太りやすく依存性のある食べ物なのです。

継続的にダイエットするのであれば、炭水化物抜きダイエット(糖質制限)が、もっとも効果的です。

わたしも、朝食をオートミールに、夕食を豆腐を主食に置き換えています。以来、体重が増加したことはありません。

オートミールの栄養効果 ダイエット 糖質あるけど痩せる? 健康 美容 便秘にも完全食 グラノーラとの違い

2019.01.10

豆腐主食に痩せるダイエット 腹持ち効果 ラクな置き換え糖質制限レシピ 木綿うまい

2018.08.26

また、規則正しい生活を送ることや睡眠時間を取ることも、太りにくい体質を作ることに効果があります。

嘔吐ダイエットも時と場合によってはいいですが、なるべく自分の体に優しくしてあげてください。

体を壊したら、何もうまくいきません。食事を変えることからコツコツと続けていきましょう。

さいごに

嘔吐ダイエットは、胃に負荷をかけることによって、短期的に痩せることができます。

しかし、長い目で見てずっと続けていけるようなダイエット方法ではありません。

あくまでも、食べ過ぎた分だけを吐き出す、程度に抑えるようにしましょう。体が壊れてしまうと、痩せる意味もありません。

ダイエットの目的はなんですか? それは、今の自分よりも少しでも美しくなりたい、という気持ちではないでしょうか。

体をボロボロにしてまで他人によく見られたい思い、とはどんなものでしょうか。

もし、特定の誰かを「見返したい」という気持ちがあったとしても、その人はあなたの人生に責任が取れるほどの人間なのでしょうか。

美しさは、内側から出るものです。適度な運動と、置き換えダイエットで必ず痩せられます。体に配慮したダイエットを実践してください。




▼この記事をSNSでシェアする▼