脳内ひとり英会話で英語脳を発達させよう。独学でもスピーキング力は上達させられる

英会話でスピーキングを上達させるには脳内ひとり英会話で英語脳を発達させよう。

 SNSでシェアする  

英語を勉強していく中で、必ずつまづくのがスピーキングです。スピーキング力は、日本人がもっとも苦手とする分野でもあります。

日本人は、とてもキレイなグラマー(英文法)を使って、とてもキレイな英文を書くことができます。

実際に、アメリカ人やイギリス人の英会話講師も口を揃えて言います。「日本人のグラマーとライティングは素晴らしい」と。

それなのに、英会話が極端に苦手です。その分、「英語で話せるようになりたい」と、多くの人がコンプレックスを抱えています。

でも、スピーキング力って、どうやって鍛えればいいのでしょうか?話し相手がいないと、話す力は身につかないです。

英会話教室は値段が高すぎるし、留学は費用も時間も取れないですよね。英会話には、費用がかかります。

英会話の中でも、スピーキングは独学ができないと言われてきました。本当でしょうか?

わたしは、英語においてスピーキングこそがもっとも独学できるものだと考えています。

実際に、自分で実践してきたスピ−キングにおける独学の仕方をご紹介します。

答えは、ひとり英会話で英語脳を作ることです。詳しく解説していきます。

スピーキングは独学ができないと言われてきた理由とは?

英会話とは、

  • リスニング能力=英語を聞き取れる力
  • スピーキング能力=英語で正確に伝えられる力

です。

リスニング力は独学で鍛えられる

「英語を聞き取る力=リスニング力」は、いくらでも自分で独学で鍛えることができますよね。

あらゆる英会話教材に加えて、海外映画、海外ドラマ、英会話ラジオ、洋楽の歌詞、最近ではYouTubeでも多くの動画が挙げられていますね。

最近では、アメリカのTEDを参考にしてリスニング力を磨いているひとも多いですね。

人気のあるTED動画は、日本語字幕も、英字幕もあるので嬉しいですね。

このように、リスニング能力は、外国に行かなくても外人とリアルで話さなくても独学で鍛えられます。

自分が好きなコンテンツを見つけて、耳に英語を慣らせましょう。

わたしがオススメするのは、『Modern Family』モダン・ファミリーです。アメリカのコメディーでもっとも面白く人気の高いドラマです。

登場人物も、金持ちとメキシコ移民美女のカップルや、養子を育てているゲイカップルなど、現代のアメリカを反映させてものとなっております。

アメリカならではの笑いのセンスとドラマの作り込みに、感動することでしょう。感心しながら爆笑できるドラマです。

『Modern Family』モダン・ファミリーは、英語字幕付きでHuluにて視聴可能です。

映画よりもドラマの方が、日常的な会話が多いのでオススメです。海外ドラマがもっとも充実しているのはHuluです。

無料体験できるので、ぜひ利用して見てください。詳しくは、公式サイトから解説を見ることができます。

公式サイト>>>Hulu』(海外ドラマ)

hulu

スピーキング力は独学で鍛えられる?

しかし、スピーキング力はどうでしょうか?

スピーキングで独学というと、思いつくのはシャドーイングでしょう。リスニング力を鍛える方法としても有名ですね。

英会話で使いたいのであれば、海外ドラマのセリフを暗記するのもポピュラーな勉強法です。

しかし、アメリカ人がリアルで使っているような会話を、日本人のわたしたちがそっくりマネしても違和感があります。

ハリウッド映画のセリフよりはマシですが、海外ドラマもその国のニュアンスが多く含まれているのです。

海外ドラマの英字幕をシャドーイングすることはリスニング力アップには利用できますが、スピーキング能力向上には直結しません。

それは、ドラマのセリフは「今、あなたが伝えたいこと」ではないからです。

今、思っていることを伝えられる力こそが、英会話におけるスピーキング能力だと理解しておきましょう。

もともと日本人はスピーキングが苦手

日本人は、もともと思ったことを言葉で伝えることがヘタです。

それは、他者との共感覚を頼りに「このくらい察しろよ」と、空気を読むことを大事にするからです。

でも、様々な人間が一緒に暮らしているアメリカでは、日本的感覚は通用しません。一字一句、言葉にして伝える必要があります。

日本では「わたしはこう思っている」と、意見を言うことは美徳ではないと教えられてきました。今でも、このような風潮が日本では強いですね。

キョキョ
日本人の「英語話せないコンプレックス」が強いのは、文化として自己主張を抑えてきたからです。

外国人相手に英語で話すと、日本人相手には言わないような素直に思ったことが言えます。一度英語を覚えた日本人は海外から戻ってこなくなることも多いですよ。

シャイで自己主張をよく思わない気質もありますが、やはり日本人が英語が話せないのは、単純に英会話をする機会が少ないことが原因です。

英会話の少なさを補うためにも、スピーキング力を養うための独学を実践しましょう。

タイトルにも書きましたが、脳内会話を繰り返し、英語脳を発達させることがコツとなります。

独学でスピーキング力向上には脳内ひとり英会話で英語脳を発達させる

英会話において、思ったことをスラスラと話せるようになるには、脳内ひとり英会話が効果的です。

方法は簡単で、話したいと思ったことを頭の中で英語で話してみるのです。

声に出したほうが発音が聞けるのでいいですが、状況もあるので声に出さなくても構いません。

たとえば、お腹が空いたら

What do you want to eat for lunch? Are you gonna cook for yourself or go out and eat?
(ランチには何が食べたい?自炊しようか、外食する?)

と、自分自身を相手に英語で質問をしてみましょう。また、自分の感情を英語で表現するクセをつけるのも有効です。

仕事や学校が終わった後に、

I am exhausted today because of my work. The boss was so irritating me. She’s such a bitch!
(今日は、仕事のせいでクタクタに疲れた。あの上司は、本当にむかつく。あのビッチ!)

と、愚痴でもいいので、気持ちをいちいち英語に変換するのもいいでしょう。

まるで誰かと話しているかのように、英語を使うクセをつけるのです。

「英語がペラペラ話せるようになりたい」と、思ったら英語を話す回数を増やすことが大事です。

英会話教室に通ったところで、話せる時間と回数は限られています。しかし、脳内会話であれば無料でいつでもできるし、友だちも不要です。

こういうちょっとした意識の違いが、大きな英会話力の差を生みます。常に、意識し続けることが学びの基本です。

脳内ひとり英会話でスピーキング力上達

具体的な誰かを想像してひとり英会話する

自分相手に独り言を繰り返してもいいのですが、いつか飽きが来ます。寂しいですからね。

わたしがオススメするのは、具体的な誰かと脳内で会話することをです。

お友だちでも、知り合いでも、同僚でも、クラスメイトでも誰でも構いません。

次会ったら話すことをシミュレーションするような感じです。

適当な世間話でも、大事な話でもなんでもいいです。とにかく、英語で他者と話すことを想像します。

ひとは話す前に準備するもの

そもそも、ひとは誰かと会う前に話すことを準備する習性があります。

例えば、もしあなたが明日会議で、英語でプレゼンテーションをしないといけない機会があるとします。

明日の準備のために、あなたは英語で何を話すか一生懸命考えるはずです。

「冒頭でこう話して、このスライドの時には、こういう話をして・・・」と、想像しますよね。

Hi everyone today I am going to talk about…

と、あなたの頭の中で英語で話し始めるはずです。実際に、他者を想像すれば脳内英会話も練習しやすいです。

話したいことを頭の中でイメージする。その繰り返しが、英会話上達における大きな鍵となります。

なぜ、短期間でも留学すると英語は上達するのでしょうか。それは、誰もが必死に頭の中で英語を組み立てるからです。

「明日の授業では、こういう話をしよう」「明日は、ホストファミリーにこれを伝えよう」

誰かに英語で話すシミュレーションをする機会が増えるのです。

英語しか通じない環境に身を置くと飛躍的に英会話が上達するのは、「誰かと話すために会話の準備をする」原理も働いています。

ひとり英会話のための外国人とデートしよう

ひとり英会話を上達するために、もっとも効果的なのは外国人とデートすることです。

脳内ひとり英会話は、誰かと英語で話す予定がないと続きません。

もし、外国人の人とデートする予定があれば、何を話そうか、英語で何を話していいか考えますよね。

脳内英会話を具体化しやすいと言う点でも、外国人の友だち・恋人を作ることは、英会話スピーキング力を向上させるためにもっとも近道です。

「明日、外国人とデートするから何を話そうかな・・・」

他者とのコミュニケーション欲求が、英語力の向上を強く後押ししてくれます。

人間は社会的な生き物で、承認欲求の中で生きています。

そのことを自覚して、語学の勉強のために外人の友だち・恋人を作ってはいかがでしょうか?

結局、英会話を上達させるには、リアルで英会話をする機会が必要になってきます。

会話は相手ありきのものなので、独学だけでは限界がきます。ひとり英会話で予習して、外国人と会うときを本番としましょう。

外国人とデートして英会話を上達させる

外国人とデートしたいならマッチング・アプリがオススメ

外国人とデートするなら、マッチング・アプリがオススメです。

なぜなら、アプリに登録している外国人は「日本人とデートしたい!」と心から日本人との出会いを求めているからです。

いくら多くの外国人が日本にいても、「外国人とデートしたい」と思ったところで、なかなか出会いの場を見つけるのは難しい・・・。

都心であれば外人が多いバーもあるのですが、そういうバーは基本的に外国人同士が出会って仲良くなるような場所です。

でも、マッチング・アプリが広がってきてからは、ホントに出会いへの障壁が下がりました。

会いたいときに、会ったこともない外人とすぐに連絡取れるなんて昔では考えられませんでしたからね・・・。

また、マッチング・アプリのいいところは、近所の外国人と仲良くなれるところです。デートと言わずに、外人のお友だちを探すのでも近所の方がいいですよね。

「アプリなんて使ったことないし、自分からメッセージするのは気が引ける・・・」と言う方でも大丈夫です。

アプリのプロフィールに、英語で簡単な自己紹介を書いておきましょう。

Hi nice to see you. this is ○○ , living in Tokyo now. I would love to make foreign friends!
こんにちは、今東京に住んでいる○○です。海外が好きで、外国人のお友だちが欲しいと思っています。よろしくお願いします!

と、英語と日本語で簡単な文章を書いておけば、外国人も安心してメッセージを送ってくれます。

外国人の男女とも積極的なので、顔写真と簡単な英語の自己紹介文だけでも、ガンガンメッセージを送ってきてくれます。

女性も恋愛に積極的で、「なんか、この人なら仲良くなれるかも」と思ったら、積極的に女性からも声をかけてくれます。

キョキョ
外国人は、男女問わず恋愛にも友だち作りにも積極的です。相手にどう思われるか気にせずに、自分を楽しませることにいつも全力なのです。

自分からメッセージを送るのもよし。プロフィールを充実させて、誰かからメッセージを待つのもよし。

まずは、無料登録できるアプリを開いてみましょう。デートについて考えるのは、それからです。

外国人の「彼女・彼氏」と言わずに「お友だち」でもいい

「誰でもかれでも恋愛対象になるわけではない!」と、思う純情なあなた、

そんなあなたは、まず外国人のお友だちを作る、と言うことから始めてみませんか?

「外国の人って何を考えているんだろう。」「日本にいる彼女たちは、日本のどこを気に入ったんだろう。」

と、素朴な疑問でいいのです。ちょっとした好奇心を大事にして、お友だちになりましょう。

そして、どうせお友だちになるなら、異性の方がいいですよね。彫りの深いイケメンや、セクシーな外国美女は誰にとっても魅力があるものです。

外国人とデートとなると初めは緊張しますからね・・・。「お友だちから」と、ハードルを下げるほど行動しやすくなります。

しかし、出会わないことには何も始まりません。お友だちでも恋人でもいいので、とにかく出会ってお話するまで頑張りましょう。

2人の関係がどういう風に発展していくかは、神のみぞ知るです。もしかしたら、愛を育んでいくかも・・・?

キョキョ
外国人と話すのはどうしても緊張すると言う方は、まずはマッチング・アプリでの会話から始めてみましょう。

わたしも、共通の趣味についてアプリで話す異性のお友だちがいます。その人とは、一度も会ったことありませんがチャット仲間です。いろいろな関係があるので、まずはコンタクトを取ることで何かが見えてくるかもしれません。

補足:脳内ひとり英会話で正しい英語が言えてない?

英会話でのスピーキング力を上達させるには、脳内英会話がもっとも効率的な手段です。

オイモ
でも、脳内英会話をしたところで、自分の英語が正しいかどうかわからないよね?間違った英語のまま覚えてしまいそう。

その通りで、自分の英語が正しいのかどうかは、誰だって初めはわからないものです。

やはり、外国人(できればネイティブ)とリアルで会話できる機会もしっかりと作っていきましょう。

そこで、間違った英語は訂正してもらえばいいのです。

英語は、わたしたちの言語ではありません。単語の意味を知ったところで、ネイティブが話すように話せるわけではありません。

間違えは、徐々に正されていくものだと理解してください。初めからペラペラ話せたら、誰だって苦労しませんよね。

キョキョ
脳内英会話で練習して、外国人と話すときが本番だと考えましょう。英会話は、トライ&エラーの繰り返しです。恥をかかずに、上達はありません。




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です