CBDオイル リキッドの効果と使い方まとめ 使ってみた感想は「中毒性ヤバい」です。

CBDオイル リキッドの効果と使い方まとめ 使ってみた感想は「中毒性ヤバい」です。

 SNSでシェアする  

CBD(カンナビジオール)をご存知でしょうか?

アメリカを中心とした、海外諸国で大人気の美容・健康商品となっています。

最近では、その高い効果や安全な成分が認知されてきて、日本でも多くの人が手にとりはじめました。

しかし、麻から抽出される成分だということもあり、なかなか抵抗があり手につけられない方も多いです。

なので、CBD(カンナビジオール)を実際に使ってみた効果と感想をお伝えしたいと思います。

最初に言っておきますが、CBDの持つ効能はすごいです。吸い始めて数ヶ月ですが、さっそく効果を感じています。

この記事では、CBD(カンナビジオール)の成分から、効果や使い方、オイルとリキッドの違いまでご説明します。

また、amazonや楽天でも買えるような、安全で害のない上にコスパがいいCBDリキッド・オイルも合わせてご紹介します。

オイモさん
CBDの効果はすごいです。安いお試し用もあるので、ぜひ試してみてください。

CBD(カンナビジオール)の成分とは?

そもそも、CBD(カンナビジオール)とはなんでしょうか?どんな成分を指すのでしょう。

CBDとは、麻の種・茎から抽出される成分です。危険ドラッグとしても知られる「大麻草」ですが、あらゆる成分を含んでいます。

麻が持つ代表的な成分には、

  • THC(テトラヒドロカンナビノール)
  • CBD(カンナビジオール)

があります。

麻の葉から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)

いわゆる「ハイ」になるような幻覚作用をもたらす成分は、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分です。

大麻草の中でも、麻の「葉」の部分から主に抽出される成分となります。

カナダやオランダで合法とされていることもあり、THCが持つ依存性や幻覚作用は強くはありません。

それでも、多少なりとも「ハイ」になる成分となるので、日本はもとより世界中で禁止されている化学物質です。

ただ、麻には他にも、CBD(カンナビジオール)など、多くの医療に用いられる成分が含まれています。

なので、最近ではTHCを抽出せずに、麻の有効活用を促進する流れが出てきています。

麻の茎・種から抽出されるCBD(カンナビジオール)

麻の葉から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)に対して、CBD(カンナビジオール)は麻の茎・種から抽出される成分です。

「ハイ」になり幻覚作用をもたらすTHCに対して、CBDはリラックスや精神を安定させる効果があります。

大麻草は、その成分の中に「ハイにさせる成分(THC)」と「リラックスさせる成分(CBD)」を含む不思議な草なのです。

同じ「麻」から抽出されるので悪いものだと思われがちですが、CBDはTHCと違って依存性もなく医療にも用いられています。

CBDは、アルツハイマーや統合失調症、躁うつ病など100もの疾患に対して効果があるとも言われています。

CBDオイル・リキッドの性能

CBD(カンナビジオール)の効果・効能まとめ

今、世界中で注目されているCBDですが、実際にどんな効果・効能があるのでしょうか?

医療におけるCBD(カンナビジオール)の効果・効能

まずは、医療用として使われるCBDの効果についてご紹介します。

CBDの医療における活用には、さまざまな論文が出ています。

100近くの疾患に対して効果があると言われていますが、その中でも特に効果が高いと言われているものを要約しました。

  • 進行性がんに伴う痛み
  • 皮膚がん
  • 胃食道逆流症
  • 不眠症・不安
  • 神経障害(エイズ関連)
  • 線維筋痛
  • 嘔吐
  • 抜け毛
  • 皮膚炎・湿疹
  • 咳・ぜんそく
  • 痒み・痛み
  • パーキンソン病
  • 発作(てんかん)
  • アルツハイマー病
  • 精神疾患
  • 偏頭痛

など、未だにCBDの効果における研究は加速するばかりです。

しかし、以上のものはあくまでも医療用における効果です。CBDは日常的にも効能を発揮してくれます。

CBD(カンナビジオール)のストレス軽減・リラックス効果

CBDは、ガンや重度の精神疾患に効果があるとして、医療用としても用いられています。

しかし、日常的なリラックスやストレスを軽減する効果もあるのです。より多くの人でも活用できます。

特に、現代病の源である「ストレス」への効果です。ストレスで過剰になった神経症を抑える作用がCBDにはあります。

CBDは、セロトニンを脳内につくりだし、ストレスからくる「不眠症」や「神経症」に大きな効果があるのです。

  • 緊張・イライラで眠れない
  • ストレスからくる吐き気がする
  • 人混みの中で起こるパニック障害

など、現代を生きる誰しもが悩む精神症的な症状を落ち着かせてくれます。

オイモさん
CBDは、海外では格闘家やアーティストなど、本番前に緊張する仕事のひとに特に人気があります。

繊細な方、緊張しがちな方、日常的にストレスを感じやすい環境にいる方にこそ、CBDの魅力を味わってほしいです。

CBDオイル・リキッド(ベイポライザー)の使い方

CBD(カンナビジオール)では、主に2通りの摂取方法があります。

  • CBDのオイルを直接口に含む
  • CBDリキッドをベポライザーで吸引する

方法です。

※美容目的で皮膚クリームとしても有名ですが、皮膚に塗っても精神を落ち着かせる作用は働きません。

CBDオイルを口に含む方法

もっとも簡単にCBDの効果を感じられる方法は、CBDオイルを口に含むことです。

  • CBDオイルを舌の裏側に数滴垂らす
  • 30秒ほど口の中に含ませる
  • そのまま飲み込む

という手順が、もっとも効果的だと言われています。

わたしも使っているコスパがいいCBDオイルはこちらです。安全で飲みやすく、レビューも一番高いです。

試しに一度、使ってみてください。気分がリラックスして、深い睡眠も効果的です。

注意
楽天市場で購入することができます。amazonには売ってないので注意してください。
オイモさん
また、amazonで販売されている「麻の油(ヘンプシードオイル)」には、CBDが含まれていませんのでご注意ください。

「麻の油(ヘンプシードオイル)」と「CBDオイル」は別物です。

CBDリキッド(ベイポライザー)の使い方

CBDの摂取方法には、オイルだけではなくリキッドもあります。ベポライザーで吸う方法です。

リキッドをカートリッジに流して、ボタンを押すだけです。CBD成分を気化させて吸います。

手順を画像で説明すると、

まず、CBDリキッドをベポライザーのカートリッジに注入します。

CBDリキッドの使い方 ベポライザー

CBDリキッドをベポライザーに注入する

次に、ボタンを押してリキッドを気化させます。それを、ただ吸うだけです。

CBDリキッドをベポライザーで吸引する

CBDリキッドをベポライザーで吸引する

リキッドをゆっくりと吸ったら、今度は肺に入れます。肺にためて、成分を味わう感じです。

CBDリキッドをゆっくり吸う

CBDリキッドを肺にためて味わう

ベポライザーは必要になりますが、このようにとても簡単にCBDを吸引できるようになります。

「吸引」と聞くとタバコを連想されると思いますが、VAPEにはニコチンもタールも含まれません。健康になんの害もありません。

オイモさん
わたしは喉が弱くて、タバコは吸えません。しかし、ベイプなら肺に害もなく安心して吸うことができます。

CBDリキッドもamazonでは買えなく、楽天で購入することになります。こちらがもっとも安全でコスパがいいCBDリキッドです。

わたしもこのリキッドを愛用しています。安くて、ほんのりとリラックスできるので初心者向きの商品です。

ベポライザーには、こちらのCBDリキッド専用ベポライザーを使いましょう。

使い捨てのCBDリキッド・ベポライザー

「CBDには興味があるけど、きちんと揃えるには抵抗がある」という方には、こちらの使い捨てのCBDリキッドがオススメです。

使い捨てとなるのでコスパは悪いですが、安い値段で「お試し用」として利用できます。

まずは、CBDがどんな感じのものか試してみるのもいいですね。気軽にストレスを減らせるので、オススメです。

CBDリキッド・オイル感想 不眠症・不安障害・中毒性・依存症・ストレス

では、わたしがCBDオイル・リキッドを体感した個人的な感想をご紹介します。

CBDリキッドについては動画にもしたので、ぜひ参考にしてみてください。

CBDリキッド・オイルは不眠症・不安障害に効果あり

CBDオイル・リキッドを使い始めてまず感じたのは、ストレスが緩和されたことです。

胃のムカムカや、胸焼けのようなイライラがスッと緩和されるようになりました。

また、CBDオイル・リキッドは、眠れない夜にも大変役に立ちます。少し舐める・吸うだけで深い眠りを促してくれます。

今まで眠れないときは、精神科から処方される睡眠薬を服用していました。

しかし、睡眠薬は飲んで眠れはしても深い眠りには付けていません。また、寝すぎてしまって遅刻してしまうこともありました。

それに比べて、CBDにはそういう副作用は感じていません。超リラックスできるお茶を飲んだような感じです。

CBDオイル・リキッドは、日常的にもストレスを緩和してくれます。また、不安なときや眠れない夜にも効果を感じました。

CBDリキッド・オイルに中毒性・依存性はある?

では、CBDオイル・リキッドには依存性や中毒性はあるのでしょうか?

たしかに、一度効果を感じられると病みつきになります。イライラしたときに、ストレス緩和してくれるからです。

しかし、「CBDが欲しくて仕方ない」と感じたことは一度もありません。仕事や人間関係でイライラしたときに、家で落ち着く程度のものです。

また、CBDにはタバコのようなニコチンもタールもありません。健康被害がないのがCBDを使うメリットでもあります。

CBDリキッドの使い方

【コスパ最強】一番安くて効果が高いCBDリキッド・オイル

では、ネットで買える一番コスパがいいCBDオイル・リキッドをご紹介します。

繰り返しになりますが、amazonではCBD商品は販売していません。なので、楽天で購入しましょう。

一番安いコスパがいいCBDオイル

先ほど紹介した商品でもありますが、もっともコスパがいいCBDオイルはこちらです。

楽天でもレビュー数が300以上ありますね。そのほとんどが高評価です。

値段的にも一番コスパがよく、症状としても丁度いいです。強すぎずに、初めての人でも愛用できるでしょう。

ちなみに、CBDオイルは飲用だけではなく、お肌の美容目的にも利用することができます。麻から取れる自然な油は、とても好評です。

高濃度で効果抜群のCBDオイル

「もっと深くリラックスしたい」という方は、高濃度のCBDオイルを利用しましょう。

こちらのCBDオイルは、6.6%と高濃度で効果抜群です。レビューも高いし、今なら20%オフのクーポンもあるので使ってみてください。

オイモさん
どちらのCBDオイルもレビュー数が300以上で高評価の化け物商品です。

ってか、そんなにCBDオイルって広く親しまれていたんですね・・・。時代も変わりました。

一番安いコスパがいいCBDリキッド

一番コスパがいい安いCBDリキッドは、こちらの商品です。(楽天でしか購入できません)

先程のCBDオイルと並んで、高レビューの多い商品です。わたしも、何度もリピートしています。

今まで一度も変な感じになったこともなく、毎回リラックスさせてもらってます。初心者向きの商品です。

また、CBDリキッドにはベポライザーが必須なので、こちらのCBDリキッド専用ベポライザーを使いましょう。

CBDリキッドと同じメーカーなので安心です。2つセットで、ストレス快適ライフを過ごしましょう。

高濃度で効果抜群のCBDリキッド

「初心者向けじゃ物足りない!」「もっと高濃度のCBDリキッドがほしい!」という方にオススメの商品はこちらです。

わたしには強すぎて常用できませんが、友だちが持っていたので吸わせてもらいました。

はっきりいって、すごい効果です。胸にあるムカムカが、綺麗サッパリ消え去るような感じです。

高濃度のCBDリキッドを吸うと、「いつもはわからなくても常にストレスを感じているんだ」と理解できます。

なかなかお値段もしますが、効果を考えたらコスパもいいです。レビューの高さにもうなずけます。

使い捨てのCBDリキッド・ベポライザー

先ほども紹介しましたが、CBDリキッドには「使い捨てるもの」もあります。

「CBDには興味があるけど、きちんと揃えるには抵抗がある」という方には、使い捨てのCBDリキッドがオススメです。

使い捨てとなるのでコスパは悪いですが、安い値段でお試し用としても利用できます。(楽天のみで売っています)

CBDに対して、ちょっと恐怖心がある方は使い捨てもいいですね。試してみて、ダメだったら捨てちゃいましょう。

AmazonでCBDオイルは買えない!コパイバマリマリとは?

CBDオイル・リキッドが買えるのは、基本的に楽天市場です。amazonでは購入できません。

しかし、CBDではありませんが、CBDに近いオイルがamazonには販売しています。「コパイバマリマリ」です。

コパイバマリマリとは、ブラジルの奥深くアマゾンにある巨大な神木です。

その巨大な神木から取れる樹皮が非常に安眠・抗不安剤として効果があるとされています。

amazonレビューにもありますが、「コパイバマリマリ」はオイルとして飲用しても、ベポライザーで吸うことも可能です。

また、快眠効果もすごく高いです。ニキビなど吹き出物や、美容にも効果がある万能オイルです。

値段も安くコスパもいいので、すごくオススメです。不思議な商品ですが、日本でも販売しています。

オイモさん
CBDもいいですが、アマゾンの神木から取れる樹液もいいですよ笑

CBDオイルとCBDリキッドの効果の違い

CBDオイルとCBDリキッドには、どんな違いがあるのでしょうか?基本的には、オイルもリキッドも同じようなものです。

CBDリキッドは、CBDオイルにグリセリンを混ぜたものです。ベポライザーで吸うため、気化させやすいように調合しています。

実際に、コパイバマリマリが吸引できるように、CBDもオイルをベポライザーに注入することも可能です。

しかし、吸引しやすさや、CBD成分を気化させるときに失われないように作られているため、吸引するときはCBDリキッドの使用をオススメします。

CBDオイルもCBDリキッドも濃度が同じであれば変わらないはずです。

ただ体感だと、オイルは口で舐めるものなので、効果が少し長く持続する感じがします。

「吸う」か「飲む」かもそれぞれの好みです。普段、喫煙するひとはリキッドで吸うほうがとっつきやすいかもしれません。

タバコやベイプをそもそも吸ったことのない方は、オイルを飲むほうがいいかもしれませんね。迷ったら、とりあえず両方試してみましょう。

CBDリキッド・オイル吸いすぎ・飲みすぎによる副作用と危険性

最後に、CBDオイルの飲みすぎ、CBDリキッドの吸いすぎによる副作用と危険性をご説明します。

記事の冒頭でも紹介しましたが、CBDとは麻からTHCという「ハイ」になる成分を排除したものです。なので、体に害悪はありません。

ただ、「眠気が起きやすい」という副作用があります。眠りやすい効果の裏返しで、眠ってはいけないときにも眠気が起こります。

なので、風邪薬と同じように、運転する前や機械を操縦する前の摂取は止めましょう。

実際に、CBDオイル・リキッドの商品パッケージにも「運転前の利用は止めましょう」と必ず書いてあります。

わたしも、初めてCBDリキッドを買ったときは吸いすぎてしまいました。かなり寝てしまいましたね。

ストレスを軽減する・リラックス効果がありますが、吸いすぎには注意が必要です。節度をわきまえて摂取しましょう。




▼この記事をSNSでシェアする▼ 

2 件のコメント

  • 是非ともお礼が言いたくてコメントしました。
    僕はM字ハゲがひどく、帽子が手放せない状態でした。
    ただ仕事中は帽子が被れないのと、もうとてもじゃないが髪型では誤魔化し切れない状態でした。
    そこでミノキシジルの育毛剤を使ったのですが、産毛は生えてきたのですがそれ以上太くなりませんでした。

    ネットで調べると森脇けんじさんが鍼治療でハゲが治ったと言うことで、色々と調べていくうちに、キヨキヨさんのブログに行き着き、ダーマペンの存在を知り頭に使った結果、ハゲがほぼ治りました。(いま現在伸びてきている状態でこのまま行けば完治する勢いです。)

    ハゲが気にならなくなると、欲が出るもので、ニキビあとがひどかった部分にダーマペンを使うとこちらも良くなり、毎日が楽しくて仕方がないです。

    また、世界の美女シリーズも非常に興味があります。
    肌がもう少し改善すればぜひチャレンジしようと考えております。

    嬉しくて、感謝の気持ちを伝えたく思いましてコメントいたしました。
    本当にありがとうございます。
    今後も色々な動画を出してください!

    あと、やはり感触として深いニキビあとにはダーマペンはそこまで効果無いように、私も感じています。
    針の刺さる深さに限界があるのだろうとも思います。
    そこで、あと半年ほどダーマペンを続け安定したあと、鍼灸針でクレーターを刺してみようと考えています。

    YouTubeも見ています。
    是非とも今後も楽しい情報を発信してください。
    ありがとうございます。

    • おーー!!
      お褒めの言葉ありがとうございます!そんなに褒められるようなことはしていません・・・。

      というか、ダーマペンでハゲが治るのですね!貴重な意見なので、早速動画でもご紹介させていただきます(^o^)笑

      いやー、針で刺激を与えるとこうも色々と変わってくるんですね。ぼくも薄毛が気になってきたら、ダーマペンで刺してみようと思います。

      ためになるご意見ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です