オイモ・キョキョブログ 終了のお知らせ

 SNSでシェアする  

 ちょまちょま

全く更新されないオイモ・キョキョブログをご閲覧になってくださったみなさん、すいません。ブログ終わります。

というのも、なんか楽しいことを毎日書けば仕事になるものだと、勝手に勘違いしていました。

もちろん、「個性を売りにブロガーとして活動する」みたいな戦略も立てられるのですが、ブログを始めたきっかけは「自分で稼ぐ力」が欲しかっただけで、別に目立ちたかったわけではありません。

思い返せば、一生懸命にプロフィールなんて書かなくてもよかったな、と。単に、需要のあることだけを見つけて書いていけばよかったのだ、と。

でも、そんなのも手を動かさないとわからないことで。僕がいくら「世の中にこんな面白いものがあるよ!」と紹介したところで、それをそもそも知らなければ検索されることもないし、ボシャるだけ。

「ブログ見てね〜!」とリンクを送られたみなさん、ごめんなさい。これからは、完全にビジネス使用にします。無職だから、誰かを楽しませる余裕なんて、ないです。「見て」って言ったのにすいません。

一応、こんなブログですが、軽い副業程度の収入は発生しています。エジプトあたりなら、暮らせるくらいの収益はあります。

と同時に、底が見えました。先がないので、新しいサイトを作っています。一からやり直しですが、長い目で見ないと、サイト運営は結果が出ないようです。

何か見えるものがあるまでは、手を休めるつもりはありません。何も見えなくなったら、その時は新しいことを考えます。

ちなみに、この間27歳になってしまいました。乙

27歳といえば、ジミヘンが、ジャニスジョップリンが、ロバートジョンソンが死んだ年齢。みんなブルースね。

僕は、ジミヘンにも、ジャニスにも、ロバジョンにもなれなかったわけです。(なろうともしてないけど)

ちなみに、ロバートジョンソンっていうのは、流浪人で、「新しい町の酒場にいる一番ブスの家に棲みつく」みたいな生活をしていたと言う、伝説のブルースギタリストね。最後は、痴情がもつれて殺される、みたいな。イカしてるでしょ?

彼のように 27歳で伝説となって死ぬことはなさそうなので、コツコツと長い目で人生設計をしていこうと思います。今死んだら、完全に「将来に絶望して自殺した無職の若者」と言う扱いを受けるでしょう。

今は、坂戸という埼玉のゴーストタウンにて、家賃0円で住ませてもらいながら、週三回ゲロくさい先生のもとで割と本格的な音感レッスンを受けています。

先生のご好意で、ここに住んでるんですがね。ゲロくさいのは、事実ですから。毎日、ゲロの臭いを嗅ぐために予習復習してますよ。

また、坂戸のグラップリング教室にも通い、相変わらず無職のくせして体はどんどんバキバキになっていってます。グラップリング超楽しいですよ。本当に、出会えてよかった。

このくだらない生活も、まだまだ続きそうです。音感も、毎日コツコツやってますがなかなか長引いてます。もともと、何年もかかるだそうです。急ピッチでやってますが、「ここまで身につけたい」っていうところまでは続けたいと思います。

ところで、こういう生活を送っていると、「あれ、俺今なんでこんなことしてるんだっけ?」現象が起きます。

「もともと、なんらかの志があってこれをしているのではないか。」「こんな退屈なことしてないで、もっと新たな可能性があるのではないか。」ってね。

でも、毎日「今日もこんなことするの?一銭にもなってないよ?」と言う問いに対して、「まあね。これはやっとかないと」と答えている自分がいるわけです。

自分としては正しい選択をしていると言うことでしょう。結果は、先にならないとわからないことだし、結局すべては「どう生きたいか」だから。

楽しいことっていっぱいある。でも、何かを形にしたいと思ったら、ずっとずっと多くのエネルギーを使います。

だから、何かを始めるときは「どこまでやっていきたいのか」「一生涯やっていきたいものか」と言う、尺度は常に持つようにしています。直感的にね。

「グラップリング超楽しいけど、極めたいとは思わないな。」「サーフィンはもっとうまくなって、新たな景色を見てみたいな」「世界中でヤりたいって昔は意気込んでたけど、もうそこまで性に対してロマンは持っていないな」「カポエイラってすごいハマってたけど、人生をかけたいとは思えないな。でも、せっかくだから本場で体験したいとは思う」「アフリカには絶対にいきたいな。パオーっ、とか見たいね。パオーっ、ね」「音楽は音感と和声の勉強はしっかりしたいな。そのあとは、楽器を選んでコツコツと育てていこう。楽しいから一生できることになりそう」「もっと、多くの場所に出向いて、いろいろな人の生活を感じてみたいな。特に、原始的な生活をしている人たち」

とか、これは僕の話ですが。対象(やりたいこと)に対して言葉にすると、わかりやすくていいです。生きていれば欲望も変わっていきますが、「これだけはどうしてもしたい」ってことが、後回しにならないように。

「これしなかったら死んでも死に切れない」みたいなことがあれば、それを優先的に潰していくしかないでしょう。何事も、死に結びつけると、優先順位もクリアになるかな。

「二頭を追うもの・・・」と言いますが、追わない限りは多くのものは得られないよね。やってみたいことがあるなら、時間が許す限りに全部やってやろうじゃないの。

誰もが、あらゆるストッパーを頭に組み込んでいるて「これはできない」「あんなこと自分にできるわけない」って思っている。

そんな自分を変えるには、今の現状を変えたいのであれば、ストッパーを意識的に一個ずつ外していくしかないわけで。

「なんでできないんだろう?」と悩めば「こうすればできるかもしれない」と考えが浮かぶ。やってみるか、いやダメだった。でも、次はこうしたらいいのかも。ダメだった。でも、わかった。これでいいんだ。あっ、うまくいったぞ。って、挑戦することって、そういうことですよね。

人は、自分が想像したように生きていくし、望んだ未来しか得ることはできない。

今、自分がこんなクソな生活をしているのは、自分が望んだものであり、今までの結果でしかない、と受け入れています。まあ、意外と快適で、毎日楽しんじゃっていますが・・・。

来年こそは、ブラジルにいるかしら。音感の区切りが着くまではどこにもいくつもりはないので、どうなるかはわかりませんが。終わり次第、余計な理由をつけずにささっと行こうと思っています。

最近も、よくわかんないインドネシア人の姉ちゃんに温泉街で犯されたり、人妻の家に行って家族にバレてしまい、ゴキブリのように床を這って逃げ出したり、とスモールハプニングは続いています。よしよし、いい調子だ。

更新されないブログでしたが、チェックしてもらってありがとうございました。新しいサイトに忙しいし、更新が遅くなるため「とりあえずおしまい」と思ってください。見切り発車でごめんなさいね。

でも、こちらのブログもまだまだ活用していくつもりではあります。更新は遅いけど、新たな形で作っていくつもりです。終わりはしないけど、「終わり」と言う形にします。えっ、意味おかしい?

「需要のある記事」と「実験したい記事」は書いていこうと思ってます。「オススメ 映画百選」見たいなのは書くつもり。

では、27歳で亡くなった Janis Joplin – A Woman Left Lonely でお別れとしましょう。大好きな曲です、さようなら。




▼この記事をSNSでシェアする▼